20170926荒沢岳

2017-10

御嶽山(濁河ルート) - 2011.07.25 Mon

2011年7月23日(土)  のちガスのち


今シーズン初の3,000m級山岳です
今回の編成は、先週に引き続きご一緒する老師様と、4月の日照岳以来となるkayoさんの御二方(通称:たそがれ隊)、そして副隊長と私の4人パーティーでござ~い
これまで、御嶽山にはチャオから継子岳~飛騨頂上に1回、田ノ原から剣ヶ峰に3回訪れましたが、濁河温泉からは登ったことがなく、さらに広~~~い御嶽山の中で、いまだ立ち寄ったことの無かった摩利支天山(標高2959m)を目指しましたので、全く別の山に登るような感覚でしたね






濁河温泉の一番奥にある駐車場は、既にほぼ満車状態でした
ここの標高は既に1800mあるそうな
20110723- (1)
嶽橋から見上げれば、摩利支天山の尖がりがマッ晴れの青空の中に見えてました・・・・・・が、、、
20110723- (2)

綺麗に整備されたシラビソなどの樹林帯を歩きます
が、この木道が少々曲者で、ツルツル滑ってコワかったりする
20110723- (3)

100m毎に付けられてるプレート
登山口から飛騨頂上まで4.3kmなので、プレートは43枚あります。
20110723- (4)

ふと見上げれば青空でも、日が射したり曇ったりの繰り返しで天候に少々不安を感じたりします。
さらに、樹林帯では小虫達にやけに好かれてしまい、虫除けとムヒが一時も手放せません
20110723- (5)

ようやく森林限界の上に出ると既に上空は雲が垂れ込めて、摩利支天山の頂上は見えましぇん
20110723- (6)

程なくして、本日のメインイベントの一つ、飛騨頂上直下のコマクサ群落とご対面できました~
先週、中ア(将棊頭山)で出会った真っ赤なコマクサとは違って、オーソドックスだけど可愛らしいピンク色のコマクサに思わずニッコリ・ウットリです
20110723- (8)20110723- (7)

おっ、飛騨頂上の祠だ・・・・・・・・・・ひょっとして新しくなってる
20110723- (10)

おっ、五の池小屋だ・・・・・・・・・・・ひょとして、ココも新しくなってる
20110723- (9)

おっ、五の池だ・・・・・・・・・・・・・池の水が少ないような
20110723- (11)

さて、五の池小屋からは、老師様とkayoさんはお花巡りの継子岳へGo、梨丸隊は未踏の摩利支天へGoでございます
20110723- (13)

五の池小屋を見下ろす場所まで来ると登山道の色が黒色になって、いかにも火山を思わせてくれます
20110723- (14)

さらに三ノ池を見下ろせば、まさにあれは火口跡ですな
20110723- (15)

ひとしきり上がると摩利支天乗越です。
ここの神社で安全祈願してから山頂に向かいます
20110723- (16)

御嶽山最高峰の剣ヶ峰はガスの中に隠れたままです。
眼下に見えるだだっ広~い窪地からはガ~~ッてライチョウの声が聞こえたけれど姿は見えず残念 
※ 継子岳に向かったたそがれ隊はライチョウの親子に出会えたんだって!
20110723- (20)

見掛けは荒涼とした岩岩ルートですが安全な道がしっかり付けられてます
しかも、嬉しいことに道中はお花が沢山咲いてます
20110723- (19)

ご覧のとおりね
20110723- (17)20110723- (18)20110723- (22)20110723- (21)


五の池小屋からのんびり1時間かけて摩利支天の山頂に到着しました~
20110723- (23)

継子岳に向かった老師様とkayoさんは一足早く五の池小屋に到着。
お待たせしてスミマセ~ン

20110723- (24)




~PS~
今回も気心知れた山友にご一緒していただき、ワハハワハハの楽しい山旅となりました
老師様、kayoさん、ありがとうございました

さて、次の週末は3000mの岩稜縦走を目論んでましたが、何やら暫くの間は天候がすぐれない様子
しっかり休めるように頑張って仕事してきたんだから何処かの山に行かねば
さて、代替プランはドコに

● COMMENT ●

3000m岩稜縦走は気をつけて

自分よりも前後の登山者の行動に御注意ください。
私が奥穂~西穂の縦走時には穂高山荘から奥穂への梯子に年配のパーティがしがみついており、危険なにおいがするので、梯子に取り付くのを間をとっていたら山荘にあたるほど落石を起こしました。

ジャンダルムから見ていた時はロバの耳を盛んに落石を誘発しながら通過する5人グループも見ました。

北穂の小屋からキレットに下る所も他の登山者から落石を食らう恐れがあるので、どちらのコースも早い出発が原則ですね。(特にグループ登山者には御注意を!!)

こんばんは~
濁河温泉から御嶽にやっと行けてチョー嬉しかったです、
しかし、温泉まで遠いです、、ほんとに御嶽は遠い山ですねぇ~
コマクサもたくさん見られてラッキーでした、
元気印のかみちゃんにパワーもらいました。

またよろしくお願いしますだー!

摩利支天もう一度

以前登ったときのことを思い起こしてみると、
摩利支天までのイメージがまったく違っている。
賽の河原から変なところを登ったかもしれん、、、、
もう一度行ってみねば。

Re: 3000m岩稜縦走は気をつけて

鳥さん

ご自身の体験に基づく貴重な注意点のご教示をありがとうございましたe-348
ところで、明日からはいよいよ穂高詣でにGoと思っておりましたが、この先今週いっぱいは中部以北の天候が非常に不安定の模様ですe-95
3000mで悪天候に遭うのは危険すぎるので、残念ですが今回の穂高縦走は延期しますe-35
さて、明日からの代替プランはどうしよう・・・・・・、これまた難儀です
e-330

Re: タイトルなし

kayoさん

私らも、皆様と一緒に未知のルートを歩き、未踏のピークに立つことができてチョー嬉しかったで~すe-257
御嶽山は自宅からも見えてるのに、近くて遠い山ですよねぇ~e-342
R41に沿って東海北陸道の東回りルートを作ってもらえんかな~e-125e-282
また、こちらこそよろしくお願いしますだ~
e-319

Re: 摩利支天もう一度

老師さま

2週続けて楽しい山旅をありがとうございましたe-348
今週末は穂高方面の天候が芳しくないので延期決定です
e-330

> 賽の河原から変なところを登ったかもしれん、、、、
変なところって、いったいぜんたいどのように登られたのでしょねe-3
ひょっとして、雪のある時期に登られたとかe-2
それとも、単に以前の記憶を忘れてしまっただけとか
e-350


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/69-876478c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏休みの過ごし方 «  | BLOG TOP |  » 将棊頭山(中央アルプス)

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (118)
ぎふ100山 (49)
100高山 (27)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (154)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ