20170926荒沢岳

2017-11

中央アルプスのマイナー峰へGo! - 2017.10.09 Mon

2017年10月8日(日)  のちのち



誰もが待ちに待ってた体育の日を含む三連休


今年こそは念願の上高地小梨平テント泊宴会&パノラマコース紅葉詣を実行に移せるぞ~っと思っていたのも束の間、初日が雨予報でガックリポン

計画の変更を余儀なくされて、さぁ困った


今回は、山友の鳥さんもご一緒していただけるので、代替案としての候補地選定では一捻り加えることにして、梨丸隊がまだ訪れたことのない山で、かつ、ツウな鳥さんにもご満足いただけるであろう山をターゲットとすることに

20171008 (34)

そのターゲットは、100~300名山にも選ばれず、100高山でもなく、知る人ぞ知ると言うか、この山だけを目的に登る人って殆どいないんじゃないだろうかと思われる、中央アルプスの北端に位置する 麦草岳(標高2733m)

では、そんなマイナー峰の日帰り山行の様子をご紹介しま~す













ここは木曽駒ヶ岳登山ルートの一つとして知られる上松Bコースの入り口です

20171008 (2)
入口に建つ立派な山小屋(木曽駒荘)には小屋番さんも宿泊者も誰一人おらず、辺りはひっそりしていて野獣の気配だけが漂うような、そんな場所からスタートします

※木曽駒荘は、現在「木曽駒JOY」の活動拠点で、かつては中日キャンプ場として家族連れや学校の利用が多く見られたものの廃業となった山小屋。 木曽駒JOY・有志の活動は、山小屋再生プロジェクトと呼ばれている!










林道入口に設置されている登山ポストに登山計画書を入れて、さぁ出発です

20171008 (3)
当面の目標は、林道最奥部にある奇美世滝ですな










雑草が絡まったり傾いたりの注意喚起看板には、「土砂崩落により通行注意」の文字が

20171008 (4)
後で分かりましたが、この意味するところは我々にはあまり関係なかったようです










それにしても上松Bコースって人気が無いためなのか、林道の草はボーボーだし朝露でズボンがビッタビタ

20171008 (5)
鳥さんは上松Aコースを歩いて木曽駒ヶ岳に登ってみえますが、Aコースの方はとても手入れが行き届いて歩き易いルートだったとのこと

今回はターゲット選定に一捻り加えすぎたやろか










草ボーボーに加えて、足元にやたらに目立つこの虫

20171008 (7)
湿った林道一面に、この虫がウジャってるんで、副隊長なんぞは卒倒しそうでした










沢の音が大きくなってきた頃、古い土石崩れ現場に出くわしましたが、この場は難無く乗り越えれます

20171008 (6)














・・・・・・・しかし、今回の核心部は次のこの場所だった












他の方々のレポでも渡るのに難儀したと紹介されてる、この丸太橋

しかも、例のあの虫が丸太橋の至る所にウジャウジャうごめいてるやん

20171008 (9)
※例の虫を赤枠で囲ってみましたが分かりますか?

橋の周辺の岩には、まさに岩を埋め尽くさんばかりに例の虫が・・・・・ドンビキ~っ
20171008 (8)
梨丸隊の2名だけなら、もはやこの場で撤退していたことでしょう 
(※ゲジの写真は復路で撮影したものネ)










・・・・・・・・・・・・、戦々恐々で (※この時の状況については皆さんのご想像にお任せしたいと思います(^^;) 何とかかんとか渡渉に成功した我々










丸太橋をクリアした途端、あの虫は姿を消してくれたんでヤレヤレでした

20171008 (10)
※復路で再び同じ恐怖を味わいましたけどね(-_-;)








車止から1時間40分程で、当面の目標としていた奇美世滝に着きました

20171008 (11)










ガレ場を少し進むと落差30m~40m位?の立派な奇美世滝が目前に現れ、しばし見とれてしまう我々

20171008 (12)20171008 (13)
※この時期に訪れる人は少ないかもしれませんが冬期には氷瀑クライミングのメッカになるようですね












・・・・・・・・・、奇美世滝から上部のルートがこれまたスゲ~激登りだった












車止から3時間20分、5合目(岩門)標識のある展望地まで来ました

20171008 (14)
足元の梯子が腐ってバラけてるので踏み外さないよう注意しましょう










岩門の上の展望地からは、この日唯一となった御嶽山の全貌でした

20171008 (15)20171008 (16)
※御嶽山はこの後、西からやって来た雲に覆われてしまったのでした










まだまだ山頂までの道程は長い

20171008 (17)
オオシラビソやヒノキ等の針葉樹が多い急登を黙々と登る我々










所々に紅葉したナナカマド等が見えたけど、ルートから離れているので樹間越しの写真しか撮れないのですw

20171008 (18)










足元には真っ赤な実をつけたゴゼンタチバナ

20171008 (19)










地図上の7合目を過ぎ、車止めから約4時間半、ようやく森林限界を越えました

20171008 (20)










かなり雲が湧いてきた

20171008 (21)










でも、槍・穂高はハッキリクッキリ見えたんで嬉しかった~

20171008 (22)
麦草岳から見る槍・穂高ってコンパクトに並んでるね










森林限界から少し進むと、福島コースとの分岐です

20171008 (23)

標識には麦草岳山頂まで20分と表示されてるけど、果たして20分で着けるんか

20171008 (24)
分岐から見上げる山頂(右側のピーク)まだ遠いやん










ハイマツの間に僅かに見えるルートを忠実にトレースしつつ山頂手前の駒石から手を振るオイラ

20171008 (25)














・・・・・・そして、車止から約5時間













山頂に着いたど~~っ

20171008 (26)

いや~っ、今回もメチャ疲れたがや~っ

20171008 (27)
鳥さん、副隊長、とりあえずお疲れ様でした~












麦草岳山頂から望む中ア名峰郡を、どうぞご覧ください

20171008 (28)



20171008 (29)



20171008 (30)
もちろん麦草岳最高点(標高2733m)にも行ってきましたよ~
それと、木曽駒荘前の注意喚起看板の意味は、麦草岳山頂から先の木曽前岳に向かうルートが崩落著しくて危険って意味だったんだなぁ













宝剣岳の下には、上松Aコースから登って最初に出会う営業小屋「玉乃窪山荘」

20171008 (31)
※玉乃窪山荘はシャワールーム完備だそうで、温かいもてなしと共に一度訪れてみたいと思っている山小屋です






副隊長が、「宝剣の岩の上に人が立ってる」と教えてくれたんで、急いでズーム撮影してみれば、本当だ、写真はしゃがんでしまってるけど、宝剣の岩の上に人が居ましたわ

20171008 (32)
副隊長の視力、おそるべし










高い山での今シーズンの食べ納めか?
山焼肉は最高ッス

20171008 (33)

そうそう、一枚目の山をバックにした和菓子の写真、実は、鳥さんが山頂でのデザートにと用意してくれた、中津川市の和菓子の名店川上屋栗きんとんだったんですよ
鳥さん、御馳走様でした~





















~PS~


麦草岳のアタック前夜、道の駅キリラ坂下で宴会してたら、その間近で打ち上げ花火が炸裂

20171008 (1)
毎年、この地の伝統行事 花馬祭り の前夜祭として花火大会が行われるそうで、正にその時その場に居合わせた我々にとっては、メチャお得感のある山旅前夜祭となったことは言うまでもありません

来年も花馬祭前夜祭に合わせて、キリラ坂下で山の前夜祭をやってみたいもんです




● COMMENT ●

なんと!!

梨丸さん。
素早いUPではないですか?
ゲジ君の画像撮ってたんですね、
ドン引きしましたわ。
昨日の夜も疲れているのに目を閉じると帰りに目撃した丸太橋の光景が目に浮かんで寝付けませんでした。

私、気になる事態が発生して会社でバタバタしています。

鳥さんへ

鳥さんにゲジ君達の画像を捧げようと思いまして普段の倍以上のスピードで速攻UPいたしましたe-348

脳裏に焼き付くとは正にあの光景の様な事を指すのでしょうe-329

今後も夢にまで登場しそうで、うかうか寝ることも出来ませんねe-350

それにしても花火を間近で見ることの出来た前夜祭と言い、激烈強烈なパンチの効いたトレッキングと言い、下山後のまったり温泉と言い、2日間に渡って本当に楽しく過ごさせていただきありがとうございましたe-466

それはそうと、気になる事態が気になりますe-451

来月はチベットの別荘でお会いできることを心待ちにしておりますね~e-257

山名だけは知ってますが、白山並の高低差があるんですね。
お疲れ様でした。
少し前のアキレス腱がどうのこうのという話は
何かの間違いだったのでしょうか?(笑)
展望は相変わらず素晴らしいですね。

わざわざ群がる虫の歓迎を受ける難路を選ぶなんて・・
元々の血が騒いだんでしょうか?
これでかなりスッキリしたんじゃないかと想像しています(笑)
飛騨牛の焼肉も美味しそうです。
そろそろ高山も終りですので、また低山の難路歩きを楽しみにしています(笑)

SIVAさんへ

麦草と言えばオシャレな八ヶ岳の麦草を思い起こされる方も多いんじゃないかと思いますが、よくぞSIVAさん、中アの麦草をご存じでいてくれて嬉しく思いましたe-349
登り口の木曽駒荘付近がどれ程の標高なのか知らないんですが、山頂は2700mありますので白山とほぼ同じ背の高さなんですねe-342

副隊長のアキレス腱不調は完全に治った訳ではないんですが、お医者さんから山登りOKのサインを出してもらえたんですよe-2
まだ痛みは残ってるんですが、ジ~ッとしてるより運動して鍛えた方がエエちゅうことなんでしょうねe-465

それにしても、例の虫の大群には参りましたe-447
悪さをしない虫だと分かっていても、生理的に受け付けないと言いましょうか、あの大群はおぞまし過ぎて暫らく忘れられそうにありませんe-441

それと、例の虫が居ても居なくても、上松Bコースは難路と言えるでしょうe-444
その難路をどうにかこうにか歩ききったので、スッキリしたと言うよりは達成感が大きかったですねe-348e-287

一時的に寒気が遠のいてますが晩秋の気配は濃厚ですんで、そろそろ野坂詣でに赴かねばなりませんねe-342
その時は事前に一声かけさせていただきますので、どうぞヨロシクお願い致しま~すe-466

ゲジゲジ~><

麦草岳!!
前に木曽の風越山に登った時に見てから
かっこいい見た目に惚れ惚れして、ず~っと登りたいって思ってたお山です^^!

前々から木曽駒ケ岳をロープーウェイを使わないで登りたいと思ってて、上松から登りたいと思ってたけど
くまさんが怖くて、一人で登れないから、誰か一緒に登ってくれる人いないかな~・・
って思ってたんですが、恐いのはくまさんだけじゃなかったですね!
ゲジゲジの大群恐ろしすぎる~~(;''∀'')!!(笑)

彩ちゃんへ

やっぱり強烈なインパクトがありますか、、、ゲジゲジはe-447

麦草岳は日帰りできる展望の良い素敵な山に間違いありませんe-266
そやけど、あのゲジゲジ密集地帯の通過だけは勘弁してもらいたいって感じですe-351

しかし、上松Bコースがどんどん廃れてしまうのは悲しいことですし、せめて木曽駒荘から奇美世滝の間だけでも草刈ったり安心して渡れる丸太橋に替えたなら、おそらく人気コースになるんじゃないかな・・・・・・ならんかもe-330
このコースの最難関核心部は麦草岳の先にあるんだもんね~e-286

今後、木曽駒ヶ岳へ行く時には上松Aコースを歩いてみたい、そんな思いに駆られた今回の山旅でしたe-319

『秘峰』的山行記録でとても興味深く拝見いたしました。天気にも恵まれたようで、きれいな写真を楽しませてもらいました。
ゲジ、、、すごいっすねー。。。

Chiroro-pokさんへ

Chiroro-pokさんの『秘峰的山行記録』って言葉にメチャ魅かれました~e-348
それと、拙いレポに興味を持っていただけた事にとっても恐縮してま~すe-466

Chiroro-pokさんも素晴らしいお天気の時に素晴らしい展望を満喫されましたね~e-342
羨ましい限りですe-349

今回の山の核心部は間違いなくゲジゲジエリアでしたe-351
目の当たりにすれば卒倒しそうなゲジの大群は一見の価値・・・・・なしですwe-350


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/422-1158e760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

台風接近前に紅葉刈りへGo «  | BLOG TOP |  » 越後の難峰 荒沢岳へGo!

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (119)
ぎふ100山 (50)
100高山 (27)
旅行 (27)
フィッシング (0)
未分類 (154)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ