2017-06

越後の岩稜パラダイスへGo! - 2016.08.25 Thu

2016年8月20日() 麓は 山の上は

※親戚に不幸があってレポアップが遅くなりました。 悪しからず

台風の影響なのか、この週末の高峰はドコもカシコもお天気が悪そうで、当初は南アルプス縦走を目論んでいたものの、あまりの悪い予報に気持ちが屈してターゲット変更することに

さて、土曜日予報の良さげエリアを探した結果、越後の山へ遠征することに決めて金晩出発と相成りました

20160827 (1)

土曜の早朝はご覧のとおり快晴~っ

では、我々が向かった山を、急ぎ足&矢継ぎ早にご紹介しま~す













ここは日本一のコメどころとして名高い新潟県南魚沼市に所在する越後の名峰八海山(標高1778m)の麓
20160827 (2)

見上げれば八峰のギザギザな稜線だ
20160827 (1-1)

4年前の6月に残雪と土砂崩れに阻まれ八つ峰を歩けなかったリベンジ山行のため再アタックです
20160827 (3)

ロープウェイの頂上駅から外へ出てみれば、4年前には無かった赤い鳥居
20160827 (4)

赤い鳥居をくぐり抜けて少し登れば標高1165mの休憩所
20160827 (5)

休憩所前には八海山大神様の像
安全登山を祈願してから、いざ登山道へ
20160827 (6)

南の方の雲行きが何だか怪しい
20160827 (7)

・・・と思っていたら、やっぱり降ってきました
20160827 (8)

足元のお花を撮影して気を紛らわす我々
20160827 (9)20160827 (10)

4年前の記憶が定かでない胎内くぐりへ向かいます
20160827 (11)

狭い岩の間をくぐり抜けると
20160827 (12)

岩の中はそこそこの広さ
20160827 (13)

この辺りの足元の岩は殆どがさざれ石みたい
20160827 (15)

稜線に合流する場所には落石危険の看板のみが設置されてました
ようするに、降りには利用するなってことやね
20160827 (14)

胎内くぐりから程なく、女人堂に到着
綺麗な無人小屋です
20160827 (16)

日本海側の展望は非常に良好
20160827 (17)

早くも7合目だけど、ココから8合目までが長く感じた
20160827 (18)

かなりの急登が続く続く
20160827 (19)

鎖場出現
20160827 (20)

滑りやすい岩に要注意
20160827 (21)

登りきったところが8合目の薬師岳
安全を祈願して鐘を鳴らします
20160827 (22)

地蔵岳と千本槍小屋
20160827 (23)

4年前はこの小屋で引き返したんだ
20160827 (24)

さあ、今回は八ツ峰岩稜パラダイスを縦走するぞ~っ
20160827 (25)

まずは地蔵岳へGo
20160827 (26)

向かって右から回り込むと
20160827 (27)

すぐにお地蔵さんのある山頂です
ボルトの真似かな
20160827 (28)

越後駒ケ岳(標高2003m)の山頂は雲の中
20160827 (29)

お次は不動岳
20160827 (31)

振り返ると、地蔵岳の山頂が賑わしい
20160827 (30)

先には七曜岳の尖りピーク
20160827 (32)

岩稜を降りる
20160827 (33)

まだまだ降りる
20160827 (34)

後続もどんどん降りてくる
20160827 (35)

降りたら登る
高度感のある岩場のトラバースに少し緊張
20160827 (36)

ハイ、七曜岳に到着~っ
20160827 (38)

お次は白川岳まで幾つかのアップダウンです
20160827 (37)

八ツ峰の稜線はピークに立つと次のピークが見えるの繰り返し
20160827 (39)

またまた降りる
後続の方には申し訳ないけど少々お待ちくださいね~
20160827 (40)

降りたら登る
20160827 (41)

ハイ、白川岳に到着~
その奥には釈迦岳の尖りだ
20160827 (42)

・・・で、白川岳を降りる
20160827 (43)

岩の間に付けられた梯子を登る
20160827 (44)

釈迦岳は知らぬ間に通り過ぎ、、、。
20160827 (45)

摩利支岳に到着
奥は剣ヶ峰か 
ガスってきた
20160827 (46)

さて、次のピークをを目指して岩稜アスレチック降り
20160827 (47)

摩利支岳からも長~い鎖を伝って降りる降りる
20160827 (48)

大日岳から引き返してくる人が現れ始めた
すれ違いは慎重にネ
20160827 (49)

・・・で、知らぬ間に剣ヶ峰を通り過ぎ
20160827 (50)

大日岳に到着
20160827 (51)

ココまで頑張ったご褒美だろうか眼下に虹が現れた
20160827 (52)

遥か下の沢には何とまだ残雪が残ってた
20160827 (53)

大日岳からの降りがこの日の最長の鎖場だ
20160827 (57)

足元の岩はしっかりしてるので落石の心配はほぼ無いかと
20160827 (58)

長くて楽しかった岩稜アスレチックは終了
そこには巻道との分岐点
20160827 (59)

ようやく足元に咲いてる花を撮る余裕も
上から順番に、コゴメグサ・オドリコソウ・イワショウブ・キンコウカ・トリカブト・ルリトラノオ
20160827 (60)20160827 (61)20160827 (62)20160827 (63)20160827 (64)20160827 (65)

この日の最終目的地が近付いてきた
20160827 (66)

4時間程かかって岩稜パラダイスの奥に聳える八海山最高峰の入道岳(標高1778m)に到着
多くの人が大日岳から引き返したか、はたまた大日岳を降りた先にある分岐点から巻道を辿ったのか分かりませんが、入道岳まで歩く人が殆どいませんでした 何だかモッタイナイね(^_^;)
20160827 (67)

中ノ岳まで続く尾根
グレートトラバース情報では尾根道の笹が綺麗に刈り払われ歩き易く整備されたそうで、いつの日か歩いてみたいネ
20160827 (68)









~PS~

駆け足でご紹介しましたが、4年前に断念した岩稜パラダイスを楽しく歩かせてもらえました
一時、雨にも降られましたが本降りになることもなく幸いでしたね

20160827 (69)
・・・で、暑かったこの日の副隊長のお楽しみは、やっぱりスーパードライをグビッ





● COMMENT ●

いや~

今年は夏山、エンジョイしてますね。
秋山は小梨平でテン泊して屏風の頭から涸沢の紅葉を眺めるなんでどないダス。

なるほど、八海山はこういう山だったというのは
全く知らなかったです。(^^ゞ
スリリングで実に面白そうです。
でも副隊長が鎖や梯子で登っている姿を見ると・・
何だか余分な心配してしまうのはなぜでしょう!?(笑)

山行後のビールは格別だったと思いますが
一度山行前に飲んでみたらどうでしょう?
目の前の巨岩を砕きながら歩けるような?(笑)
大変失礼しました。。m(_ _)m

鳥さんへ

おかげ様で、今年は昨年に比べたら夏山をエンジョイさせてもらいましたe-466

8月も終わりますから、お次は秋山Goとしたいところですねe-348

鳥さんこそ、今年は何かと制約が多くて山に行けてないっすから、秋山こそ
存分に楽しめると良いんですけど今後のご予定は如何でしょうe-3

小梨平でテント泊は、お風呂もあるしビールも飲めるし副隊長も大喜びしますわe-349

魅惑の屏風の頭から涸沢の紅葉詣でプランは是非に都合併せてご一緒しましょうe-465

SIVAさんへ

八海山は面白い山でしたe-266

まさに岩稜フィールドアスレチックと呼んでもエエと思いましたねe-348

副隊長はかねてから、一見すると危なそうな岩岩な山に登りたいと希望してたんですが、前々回の鋸岳や今回の八海山は、まさにそんな副隊長の希望を叶えるのにピッタリの山でしたe-465

あ~っ、副隊長の鎖や梯子で登っている姿がSIVAさんにご心配をお掛けしてしまいましたかe-330

おそらくではありますが、副隊長がアルコールで更にパワーアップしても、山人が愛してやまない素敵な岩山をぶっ壊すまでには至らないかと思いますので、どうか安心くださいね~e-319

八海山♪ 素晴らしいですね!
ダイナミックなフィールドアスレチック♪に沢山の可愛いお花♪
南アルプス林道の通行止めなんかになってましたもんね!
転身正解でしたねヽ(^o^)丿
お写真見てると楽しそうで♪・・・私もチャンスがあればいつか行ってみたいです(●^o^●)

masaさんへ

八海山って正にダイナミックなフィールドアスレチックでしたe-349

岩稜のアップダウンが続く険しいルートのイメージが先行して、アタック前は少々ビビってましたが、いざ歩いてみると楽しくって面白くって、八海山の八ツ峰はオススメですe-465

今回の山で初めてオドリコソウとご対面しましたが、伊吹山等で見るヒメオドリコソウと比べ、背が高くて花も大きくて、山と同じで実にダイナミックでしたe-420

masaさんも機会を作って是非に八海山の八ツ峰にアタックしてくださいe-319
きっと楽しくって面白くって病み付きになると思いますよ~e-348


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/391-275c90ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北アルプス最奥部の展望台へGo! «  | BLOG TOP |  » 山の日は地元の百名山へGo!

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (114)
ぎふ100山 (47)
100高山 (26)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (152)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ