2017-07

山BOOK「こんなに楽しい岐阜の山旅 美濃(上)」で紹介してる山 Vol.2 - 2015.12.20 Sun

2015年12月19日(土) 



我々の冬場の課題、それは、風媒社発刊 こんなに楽しい岐阜の山旅100コース に紹介される山で、未だ訪れたことのない山を集中的に登っちゃおうというもので、今回の山行はその第二弾となりました

今回のターゲットは、我々が目指す岐阜100山には選定されてない超ローカルな低山で、知らない人にはさっぱり分からないでしょうけど、とりあえず山BOOKではしっかり紹介してる、岐阜県揖斐川町久瀬地内の 大立(標高578m) という山でした

久々に盟友牛ちゃんも参加することとなって終始ワハハガハハな山旅となりましたけど、この山、低山なれど舐めてかかると間違いなく道に迷ってさ迷い歩く羽目に陥る、ルートの見極めが非常にシビアな山でもありました

20151219 (1)

登山口は、R303を北へ向かい、久瀬トンネルを抜けた所
この山に至る登山口は複数個所に存在していますが、我々は山BOOKで紹介するコースをそのまま辿ることに

では、簡単にご紹介しま~す











久瀬トンネルを北に抜けた所には階段が付けられていて、この階段から山に突入しま~す
20151219 (2)
岐阜地方のこの日の天気予報はでしたが、久瀬の辺りは冷たい小雨がポツポツと

私 何で雨なんや? こりゃ~牛ちゃんのせいやな
牛 俺はガス男で雨男じゃないから俺のせいじゃないて~
副隊長 ガッハッハ










登りはじめてしばらくの間は杉の植林帯が続きます
20151219 (4)
ここのルートは中電の鉄塔巡視路のようで、所々にポツンと鉄塔方向を示す標識が設置してありますが、その間隔が広すぎると言いましょうか、標識から標識までの間が荒れ果てていると言いましょうか、標識に従って歩いて行くと、突然ルートが消滅するのです








だから、こんなプラ階段を見つけると、こっちの方向で合ってたんだと、とっても安心する我々でした
20151219 (3)
しか~し、すぐにルートを見失ってしまい、そんなことを何回繰り返したことでしょう










こちらの2枚の写真は復路で撮影したものですが、往路も似たような状況で、道なき道を所々に赤布の目印を付けつつ進むことに
20151219 (11)20151219 (12)
往路は登りだからまだ良かったけど、復路はルートの無い急傾斜地をトラバースしたり、至る所に付けられている目印に惑わされながら、結局はトンネルを出入りする車の音を頼りにするしかったのでした

山BOOKでも道迷いしやすい山と紹介されてたけど、まさにこの山、岐阜100迷山の筆頭にしてもよい山だと思いましたね









そんな迷いやすい杉林を抜けると、そこには中電24番鉄塔がありました~
20151219 (5)










24番鉄塔・25番鉄塔の辺りからは周辺の揖斐の山々が真っ白な頂を見せていましたが、写真で見ると白い峰々には見えないやんか
20151219大立 (1)20151219大立 (2)
それにしても、つい先日まで師走なのにメチャ暖かい日が続いてましたが、いきなり冬の真っ只中に突入ですわ
倉見の時と言い今回と言い、何で我々が山を目指そうとする時に限っていきなり寒くなるんだか









さて、25番鉄塔からは尾根筋一直線の登りにかかります
20151219 (6)
この辺りの樹林帯は下草が無くて歩きやすいエエ感じの尾根ですわ








しかも、今シーズンはとんと縁のなかったコレがありましたわ
20151219 (7)
すでに干からびて食用にしたくない状態でしたが










激登りの斜面を越えると、そこはだだっ広い山頂部でしたが、山頂プレートが何処にも見当たらんやんか
20151219 (8)









だだっ広い山頂部の中でひときわ目印が付けられた場所がありました
おそらくこの場所が大立の最高点なんでしょなぁ
20151219 (9)
にしても、だだっ広い山頂部です
今回は葉っぱが落ちた後なんで、そこそこ周囲の様子が見通せたけど、葉っぱの茂ってる状態だと方向や現在地が分からなくなってしまうかもね












・・・・・・、そやけど、あるはずの三角点がないがや










山BOOKを見直してみれば、三角点は山頂の南方に有り、筆者はそれを探し出すのに20分も要したと記載してあったわ











そして、6つの目で最高点より南方を探してみると、ありましたありました
20151219 (10)







~PS~

復路は先ほどのとおり、ルートをロストしまくりでしたが、何とか無事に下山することが出来ました

この山、低山なれど決して易しい山じゃありませんぜ

お出かけされる方は、特に杉林の中は目印付けまくってルートを見失わないようお気をつけおくんなさいませ


山BOOKのタイトルは こんなに楽しい岐阜の山旅 でしたが、我々にとっては こんなに迷う岐阜の山旅 となりました
てなわけで、この大立『岐阜100迷山』に認定

● COMMENT ●

ありがとうございました

先日はありがとうございました。v-118私一人では絶対たどり着けない山でしたが、梨丸さんの立派な赤布目印や、野生の勘でみごとに山頂と三角点まで行くことができました。v-48来年もよろしくです。v-66

岐阜100山のお次は、岐阜100迷山ですか~?
流石、通好みの梨丸隊ですね~(* ̄∀ ̄)ノ"
けど、岐阜って、ほんとにお山、より取り見取り!
羨ますぅぃ~です~
あ、ワタクシは、迷山より、やっぱ、名山がいいですけどね!ъ(^ー^)

前回の池田山にコメントしそびれたんですけど・・
私、何年か前の梨丸レポ読んで以来かな?
岐阜のエアーズロック=池田山は、山ノボラーの常識!
だとばかり思っておりましたよん (^^ゞ、
『夫婦円満絆の森」の御利益が早速現れたかのようなラブラブツーショット!
ヒューーヒュー!!

牛ちゃんへ

こちらこそ、あんなしょうもない山にご一緒していただき、マジありがとうございましたe-466

最近の牛ちゃんは、単独行で日本アルプスを闊歩される立派なアルピニストですから、あんな程度の低山なんてチョチョイノチョイですやんe-257

我々の方こそ牛ちゃんの野生の勘に度々助けられましたがねe-465

もうすぐ来年ですが、来年も志高くめいっぱい山々を楽しみましょうぜ~e-342

黒部五郎と赤牛が待ってますe-266

マダムルネ様へ

こんなしょうもない迷山レポにコメントいただき、どうもありがとうございますe-466

岐阜100山はまだ未完成ですけど、お次のシリーズは冬季に我々でも登れそうな山を探した結果、例の山BOOKに紹介された山々に辿り着いた次第でございますe-343

なので、決してツウなワケではなく、本で紹介されるポピュラーな山しかターゲットに出来ない軟弱隊なのでございますe-260

マダムがおっしゃるとおり、当地方って岐阜100山みたいなコアな山からメジャーな北アルプスまで、選り取り見取りなのが実にありがたいっすe-342


以前、池田山の事を、おそれ多くも勝手に岐阜のエアーズロックと紹介してしまいましたが、今回もまことに勝手ながら・・・・・・まぁ気にせんといてくださいねe-466

ところで、来年はまた明神平を企画されますかe-3
次こそ樹氷のトンネルにご一緒できると嬉しいんですけど~e-349


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/357-19998211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016年の初登りは! «  | BLOG TOP |  » 濃尾平野のエアーズロック新ルート山行!

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (114)
ぎふ100山 (48)
100高山 (26)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (152)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ