南竜ケ馬場

2017-09

濃尾平野のエアーズロック新ルート山行! - 2015.12.14 Mon

2015年12月12日(土)  



濃尾平野のエアーズロックとはドコやのん

タイトルを見てそのように思われた方ばかりだと思いますが、私が勝手にそうに思っているだけなんで気にしないでね

そのエアーズロックっちゅうのは、濃尾平野の北西端にドデ~ンと平べったい山容を見せ、それなりに存在感を持っている 池田山(標高924m) のことなんですわ

20151212 (1)
これまで何度も訪れた池田山ですが、いずれも霞間ケ渓ルートでした。
大津谷の新ルートが整備された話を聞き及び、山友さん達も続々と新ルートを歩かれてたので、この日はいてもたってもいられず、大掃除そっちのけでアタックと相成りました











山麓道路沿いに設置された登山口の案内標柱に導かれ、マイカーを奥に進めれば、ご覧のように整備された駐車場がありました

20151212 (2)
さらに、写真右側の柵の奥には、まるでUFOの様な形をした古代のデッカイお墓、そう、古墳がありました
この辺りは願成寺古墳群と名付けられた古墳が点在する貴重な歴史遺産エリアなんだそうな









さて、駐車場奥の柵を開けて、いよいよ登山道に入ります

20151212 (3)
登り始めは杉の植林帯が続きますが、、、、、










少しだけ標高を上げると、杉の合間に広葉樹が混ざるようになり、この広葉樹が今まさに紅葉適期を迎えているかのように見えたけど、既にピークを過ぎたことは間違いないでしょうねぇ

20151212 (4)










・・・・・にしても、最初のプラスチック階段が現れるまでは、かなりの急傾斜が続くんです

20151212 (5)
しかも、階段状に削られた痕跡は認められるものの、水平面の無い急斜面が続くので、けっこう脚に厳しいのだ










それと、特筆すべきはコチラの道標

20151212 (6)
これが至る所に設置されてるんで道迷いしたくても迷えない、、、、、違う違う、初めて訪れる人でも不安なく進める有難い道標に感謝です










さらに、展望のない霞間ケ渓ルートと違って、至る所にこのように開けた場所があるナイスなルートなのです

20151212 (7)
生憎この日は、ご覧の空模様で遠望が望めず残念無念










いきなり未舗装林道に出たと思ったら、目の前には山頂部のアンテナ郡が

20151212 (8)
このルート、霞間ケ渓ルートと比べて山頂までに要する時間がかなり短そう










そして、この分岐点が大津谷ルートの最終地点でした

20151212 (9)
ハングライダー発進基地から山頂方向に少々進むと、この分岐点に至るのです










・・・・・さて、ここからは既に歩いたことのある舗装路を峠の茶屋まで進むのだ










そして、峠の茶屋に到着~    でも営業してない~
20151212 (10)
この茶屋の一番名物、自然薯蕎麦を食べてみたいんだけどね~、、、残念










峠の茶屋前駐車場から望む天下の名峰 伊吹山(標高1377m)

20151212 (11)
岐阜県側から望む伊吹山は、自分の好みとする尖り帽子の格好のエエ山なんだよな~









さて、この夫婦円満絆の森の看板横から再び山頂目指して登山道に突入です

20151212 (12)










・・・・・・・・・・・・・・・、大津谷登山口から2時間少々










立派な櫓が建つ池田山の山頂に到着で~~す

20151212 (13)
霞間ケ渓ルートよりかなり早く山頂に着きましたね


今回、大津谷新ルートを歩いてみて霞間ケ渓ルートとの比較で感じたことは、

 ① ルートに石ころが殆ど無くて歩きやすい
 ② ドライブコースを横断する場所が無いので車の気配が感じられなくて良い
 ③ 所々に展望が望める場所があり開放感もあって良い
 ④ 山頂までの所要時間が短くお手軽感増加
 ⑤ 道路奥に設置の専用駐車場が良い
 ⑥ 下部の急傾斜は雨の後などヤバいかも! スリップ転倒しそう(汗)

などなどでして、今後は池田山トレッキングのメインルートになっていくんじゃないやろか

















~PS~

これまで霞間ケ渓登山口よりも北部に足を運んでなかったようで、大津谷登山口に至るまでの池田山山麓に、これほどの広大な茶畑が存在していたことを全く知りませんでした
池田茶かと思ったら茶畑の看板には揖斐茶って紹介されてたり、まだまだ知らない事だらけの梨丸隊でございます
20151212 (14)

● COMMENT ●

なんと!!

夫婦2人の写真がアップされてるでは御座いませんか?

嫁と2人で撮った写真を記憶を紐解いてみると34年前の結婚式しか思い出せません、、、、

なんか、仲のエエ、、夫婦ですね。v-8

いいなぁ~

藪山はもう卒業されたのでしょうか?
やっと普通になって良かったです(笑)
夫婦で仲良く山へ行けるなんて羨ましい限りで
私なんか山はなく谷ばかりです(苦笑)

遅れましたが、ボーナスの大幅アップ!
おめでとうございます。
お年玉はいつでも受け付けておりますので。。(^^ゞ

雪が降ったら池田山

まだ新ルート歩いてません
年が明けたら、是非登りたいです
レポありがとう m(_ _)m

鳥さんへ

なんとツーショット写真をアップしたことで、ご覧になった鳥さんをアップアップさせる結果となってしまいましたかe-449

しかし鳥さんご夫妻こそ、大阪アッチッチ物語を書き残せるほどのええカップルだと思っておりますがe-420

来年の目標の一つに、是非ともスーショット写真の撮影を加えてくださいねe-402

SIVAさんへ

いつもいつも私の意図を汲んでいただくお気遣い、誠にありがとうございますe-466
ちなみに以前よりヤブ山は好みじゃないんですけど~、今更言うか?ですねe-330
夫婦で同じ趣味を持つことってとてもありがたい事だと思ってますe-348

ところで、決してボーナスがアップした訳ではなく、長い間我慢してきた憧れの逸品をようやく調達できた次第でして、財布の中は一気にカラッポでございますe-350
せめて雪山に行って、投資の元を取らねばと考えている今日この頃です[絵文字:e-465
]

ジオンさんへ

そうです、雪が積もった頃を見計らって、おニューの冬靴で池田山スノーハイクに行かねばなりませんよe-191

この大津谷新ルートは積雪時にもええルートになるだろうと思いましたe-287

それにしても、峠の茶屋はいったい何時営業してるのでしょうe-3
自然薯蕎麦、食いて~e-146


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/356-3b346262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山BOOK「こんなに楽しい岐阜の山旅 美濃(上)」で紹介してる山 Vol.2 «  | BLOG TOP |  » おニューの登山靴!

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (116)
ぎふ100山 (49)
100高山 (27)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (154)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ