南竜ケ馬場

2017-08

初めての奥秩父へGo!! - 2013.09.01 Sun

2013年8月 最終週 (平日)



今年の夏山シーズンは、贅沢にもウィークデイに目いっぱい山三昧させてもらって申し訳ない程ですが、この8月最終週の後半は、岐阜県や隣接県の主だった山々がドコもかしこも天候不安定だってか

こんな時にゃ、出来るだけ天候が安定していそうな山に遠征するしかありません

20130830 (1)

山岳天気予報とニラメッコしつつ我々が今回選んだターゲット、それは梨丸隊初となる奥秩父の山々でした~

では、我々が初めて足を踏み入れた自然豊かな奥秩父の山をご紹介しま~す












~1日目~




奥秩父エリア最初のターゲットは、イザナギ・イザナミノミコト伝説を持つ両神山(標高1723m)
この山、駐車場のある日向大谷口のバス停から山頂までの標高差は約1100mになるんだそ~な
20130830 (2)
ご覧の民宿の横を通って、両神山の登山道に入ります








すぐに山頂にある奥の院へと続く表参道入り口の鳥居に到着し、一礼してから鳥居をくぐります
20130830 (3)




で、・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふと、足元を見ると








オオ~ッ、久々に見ました
この窪み、何だかご存知でしょうか
20130830 (4)
ウスバカゲロウの幼虫、アリジゴクの巣の塊でやんす
・・・が、肝心のアリジゴクを見つけることはできませんでした








登山道は薄川(ススキガワ)と呼ばれる沢に沿って高度を上げていきます
20130830 (5)
樹林帯に囲まれた沢の音は実に涼しげで、メチャええ気分です








・・・・・・・・・・・・・・すると、やっぱり









ありました、咲いてました
沢沿いが大好きなイワタバコの可憐なお花
20130830 (6)
福井の岩籠山でお目にかかって以来となるイワタバコのお花でした








急斜面をジグザグに登り、弘法の井戸と呼ばれる水場を通り過ぎると、立派な清滝小屋に到着で~す
無人の避難小屋と言うにはあまりにも立派な建物で、もはや山荘と呼ばせてもらいたくなる代物でございます
20130830 (7)
我々が着いた時、ちょうど地元の方が小屋の管理に来られたところでした
管理されてる方々のご尽力によって我々登山者が大きな恩恵を受けていることに感謝せねばなりませんね







尾根上に出た後、鎖場やロープ場のある急坂をしばらく登って、ようやく両神神社に到着です
20130830 @
鳥居の両サイドに据えられた石像がキツネだと思っていたら、なんとそれはニホンオオカミだった








そして、程なく現れる山頂直下の鎖場を登りきれば
20130830 (8)









両神山山頂の剣ヶ峰に登頂で~す
20130830 (9)
山頂に鎮座する両神神社奥の院にお参りしてから山頂を踏ませていただきました








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、山頂からの展望は









残念無念のこの展望
20130830 (10)
ですけど、まずは初めて訪れた奥秩父の山へ無事登らせてもらったことに感謝して、明日の山行にそなえる我々でした

















~2日目~





この日にアタックする奥秩父2座目となるターゲットは、意外と時間のかかる雲取山(標高2017m)
この山は、埼玉・山梨・東京の三都県にまたがっていて、東京都の山としては最高峰となります

いや~っ、まさか東京の山にまで遠征することになろうとは、思えば遠くへきたもんだなや


ちなみに、登山口として選んだ埼玉県大滝村の三峯神社駐車場からは、登りに約6時間を要するロングコースとなります
20130830 (11)
今回は、日程にゆとりがあるため泊まりで行ってもよかったのですが、台風15号の接近で天候が非常に不安定
今日中は何とか天気がもちそうなので、日帰りで頑張ってみますか
でも、折からの暑さでバテてしまうと道中の山小屋で宿泊ってなことになるかも知れません
なので、念のためザックには一泊分の着替えも入れてのアタックとなりました






薄暗い樹林帯をしばらく歩くと、三峯神社奥の院がある妙法ヶ岳との分岐点の鳥居に至ります
20130830 (12)
三峯神社は秩父三社に数えられる古社で、たしかにこの森の雰囲気っちゅうのも実に厳かでございました








地蔵峠を越えて少々で、こちらの秩父宮殿下・同妃殿下の大きなレリーフがはめ込まれた場所に至ります
20130830 (13)



レリーフがはめ込まれた岩に隣接して建てられてる霧藻ヶ峰休憩舎で、ひと休みひと休み
20130830 (14)
霧藻ヶ峰(標高1523m)という山名は、故秩父宮殿下が命名されたんだそ~な









・・・・・・・・・・・・・・小休止した後は









お清平まで降った後は、白岩山までのキツイ登り返しとなりますが、その途中に、既に廃屋となって久しい白岩小屋がヒッソリと建ってます
20130830 (15)
長い間の風雪で、ガラスは割れ、床も湾曲していて、そのうち屋根も落ちるんとちがうか






でもでも、白岩小屋直近の展望地は、奥秩父のナイスな山々が一望できる素敵な場所でもあるんです
20130830 (16)





コチラは、前日に登った両神山の全容でございま~す
20130830 (17)
登る前だったなら、ドコの山が見えてるんだかサッパリ分からなかったと思いますが、一回でも登った山ってのは、別の場所から見て分かっちゃうんだから不思議だね~









・・・・・・・・・・・・・・・・オオッと









こちらのお花は、初めてお目にかかりましたがね~
あとで調べてみたら、シラヒゲソウって名前なんだとか
20130830 (18)20130830 (19)
岐阜では見たことのない、まさに白いヒゲが伸びたような変わった花弁のお花でした









・・・・・・・・・・・・・・・・樹林帯の登山道が、まだまだ続く









白岩山を降って、芋の木ドッケ(コシアブラのある尖った峰の意味なんだって!)を過ぎ、大ダワ(鞍部の意味なんだって!)からは山頂までの登り返しとなります
道中には、500m毎に道標が立てられてますが、登山口の三峰から山頂までの距離は10.7㎞ってか
20130830 (20)
我々、このルートをピストンするんで、往復21.4㎞以上になるってことやん・・・・・・・・・長いワケだわ










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、で










やった~っ、5時間少々で立派な外観の雲取山荘に着きました~っ
ヤレヤレ、ここまで来れば山頂まで、もう少しだぜぃ
20130830 (21)
この山荘は通年営業してるそうで、1泊2食付き7,500円と実にリーズナブル
冬場は是非とも利用したい小屋ですな











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、そしてそして











三峰駐車場から歩き始めて約5時間半、予定よりかなり早く東京都最高峰の山頂に立つ事が出来ました~、ヤッタぜぃ
20130830 (22)
広~い山頂には、奥多摩湖側から登ってきた登山者らが数名ほど休憩してみえました
結局この日、埼玉県側のルートを使って日帰りしたのは我々だけでしたわ





雲取山の山頂からは、望み薄と思ってた富士山を辛うじて望むことができ、まさに得した気分でしたね
20130830 (23)


















~PS~


復路のこと

廃墟の白岩小屋付近で見かけたご覧のバンビちゃん、その後、前白岩山に至るまでの間、ず~っと副隊長の後を付いて歩いてきたんですわ
20130830 (24)20130830 (25)
野生の小鹿ちゃんが餌付けされたんだか、はたまた副隊長がバンビちゃんのお母さんと同じような匂いだったんだか、それとも奈良公園の鹿が雲取山まで遊びに来ていたんだか・・・・・・・・・・・・・謎ですな~




● COMMENT ●

今年の夏は山三昧?

なんとエンジョイしてますやん。
9月の2度ある3連休で雲ノ平テン泊ってどうですか?

あ、梨丸家も晴れマークを求めて奥秩父でしたか!
ワタクシは30日金曜、権現岳・編笠山を歩いてました。
翌日は甲武信岳!!ъ(^ー^)・・・と張り切ってたんですが・・
何と何と、権現の下りで膝痛勃発、涙ながらに翌日の山は諦めました (>_<;)

でもね~、梨丸さん、21,4㎞って、すごくないですか?
梨丸家って、やっぱり、超人・・・ですよね・・
そのパワーの源は・・やっぱり、食いモン?なんでしょね~(; ̄_ ̄)=3

動きますね~

活発に活動されてますね~
あっぱれあっぱれ♪
20km余もあるコース!
がんばりましたねっ、
鹿さんは微笑ましい♪

一日目はどちらに宿泊?ビールと豪華食事の写真がないのが変です(笑)
2日目に歩行距離20キロオーバー?
ん~、まねできません。
この後、天候が悪くなっていき、残念でしたね。
もう一つ行きたいところでしょうね。
縦走とかだと着替えとかどうなるんでしょう?
経験の無い私には、疑問だらけで、水、食料、テント、ザックは何キロになるのですか?
秋山、よろしくお願いします。

溜息~

いくら天気が悪いとはいえ、そんなとこまでよく遠征しますねぇ。
山名だけは知ってますが、私にすれば外国の地のような気がします。
信仰の山のようで、さぞ御利益があった事と!???
そういえば、アリ地獄も最近は全く見た事がありません。
自分の地獄はよく見るんですが。。(^^ゞ

ロングコース、お疲れさんでした。
ただ、鹿が副隊長の後を付いて来たというのが今でも謎です。
鹿は草食のはずなんですけどね!(笑)

鳥さんへ

今年の夏は山三昧させてもらい、存分にエンジョイしとりますe-342

この調子で、秋山もエンジョイし続けるつもりですが、9月中の2度の3連休の内、後半は仕事が確定しており残念無念e-330

雲ノ平も魅惑の地でありんすが、他に行ってみたいところもあり、今まさに行き先地の選定中でございま~すe-284

ルネさんへ

エエエ~っ、ルネさんのお膝、大丈夫なんですか~e-451
アルキニストの膝痛や腰痛はヤバいッスから、くれぐれもお大事にしてくださいねe-466

ところで、今週末も台風17号の接近によって非常に雲行き怪しく、山計画が微妙になっておりますし、e-44マークを求めれば、メチャメチャ遠いエリアしか該当しなかったりして、ついに今週末は山を断念せざるを得ないのかe-1
私らも奥秩父続行も考えていましたし、甲武信岳にも行きたいんですよね~e-266

それと、今回の雲取山は結果的に歩行距離がロングになってしまいましたが、鈍足かつヘコタレ気味の我々にとっては、まさに必死の思いでして、決してご指摘のパワーなんて無いんでございますe-466

山えいちゃんへ

e-44マークの付いた山を探した結果、今回の奥秩父となった次第でして、私は副隊長のご指名に従って、ひたすら運転手を務めただけなのです・・・・・・・・・・・ナンチャッテe-348

しかし、2000mそこそこの雲取山で、あんな長いルートを歩くことになろうとは、予習不足もあって想定外の距離でしたが、何とか歩きとおせてヤレヤレでございましたe-86

ところで、バンビちゃんって、そもそも人懐っこいんですかね~e-3
会話が出来るものなら、真意を聞いてみたいッスねe-2

ミヤマンさんへ

今回の山旅では、2泊とも車中泊にして宿代を節約したんですよe-284
アッ、節約したのは食費もだったわe-429
なので、ビールや食事の写真が無いのですよe-94

ミヤマンさんなら、歩行距離20㎞でもチョロイもんですやんe-271
あの残雪の笹ヶ峰でも、終始我々をリードして颯爽と歩かれ、まさにスーパーハイスペックの脚を目の当たりにさせてもらいましたe-420

ミヤマンさんにとっては、テント泊縦走が疑問だらけなんですねe-275
山にご一緒した折に、いろいろお話しましょうe-13

SIVAさんへ

奥秩父への遠征は、まさに副隊長なくしてあり得ない計画でございましたe-2

私は天気が悪けりゃサッサと諦めてしまいますが、副隊長の山への執念は並々ならぬモノがあるんですわe-271

今回訪れた2山はともに霊峰ですが、普段から罰当たりな事ばかりしてるんで、御利益など最初から望むべくもないかとe-330

なんとなんと、副隊長にくっ付いてたバンビちゃんの目的って、副隊長のお肉だったんですかe-146
バンビちゃんにはSIVAさんから、脂っこすぎて美味くないぞとヨロシクお伝えくださいe-466


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/240-28cc2753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

苔むし感抜群、ほぼはじめての北八ヶ岳 «  | BLOG TOP |  » 引率登山? in 八ヶ岳

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (115)
ぎふ100山 (48)
100高山 (26)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (153)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ