南竜ケ馬場

2017-08

お釈迦様の山?(ぎふ100山) - 2013.04.20 Sat

2013年4月19日(金) 


今回訪れた山の名は 釈迦嶺しゃかりょう(標高1175m)
釈迦の嶺って名前からすると何やらお釈迦様に由来する山なのでしょうか
まぁ山名の由来はともかくとして、この山は梨丸隊が目指してるぎふ100山のひとつですから、絶対に外すことはできませんのです
20130419 (0)
ヤブ山が大好きな方は多いと思いますが、私や副隊長はヤブを極力避けて通りたい派なんでございます
ところが、この釈迦嶺に関する残雪期のレポって~のがほとんど見当たらなくて、アップされてる過去の山行レポは、いずれもし~っかりヤブ山に変身してからのものばかり

そのため、残雪期の様子を予想しにくく、かつ、去年などは林道工事で車が峠まで入れなかった等などの理由で、何度も訪れるタイミングを逸してきたわけですが、今回ようやく、思い切って行っちゃえ~ってこととなりました
では、初アタックとなった残雪期の釈迦嶺の様子をご紹介しま~す









ここは徳山ダム湖最奥の塚地内、冠山峠まで続く林道の入り口付近です
5月いっぱいまで林道維持工事のため車両通行止めになってますが、あわよくば釈迦嶺登山口のウソ越峠まで行けないやろかと淡い期待を抱きつつ車を乗り入れましたが、やっぱり早々に断念することとなりました
20130419 (1)



ご覧のように、残雪と土砂が林道を所々で塞いでたので到底車は通抜けできません
なので、かなり長~い林道を、ひたすら歩いてウソ越峠目指して歩くのでした。
20130419 (2)


林道途中、ふと見上げると、高い場所に今まさに花盛りとなったイワウチワの群生が目に止まります
20130419 (3)



この最初の林道分岐を左へと進みます
ちなみに、右に進めば皆様もよくご存じの冠山峠に至ります
20130419 (4)
この分岐周辺の道路状況は綺麗なもんでしたが・・・・・・・・、



コレですわ
林道沿いの斜面が崩れて、ご覧のように見事に埋め尽くされてました
20130419 (5)
更に崩れるんじゃないかと警戒しつつ、もぉヒヤヒヤもんで土砂を乗り越えました



所々に落石が散乱してる林道を延々歩き続け、ウソ越峠までの間にこのような小さな橋を3回渡ることになります
20130419 (6)


おッ、アレに見えるはウソ越峠じゃないか
20130419 (7)



車止めから3時間弱、ようやく釈迦嶺登山口のウソ越峠までやってきました
歩き始めの頃はガスで見えなかった冠山も、ウソ越峠ではその全容を披露してくれました
20130419 (8)



さてさて、じっくり休んでいる暇はありません
この先にも、まだまだ長~~い林道歩きが待ってるのです
それにしても予想した以上に、林道には残雪がてんこ盛りですやん
20130419 (9)
ここからアイゼンを着装だす



林道を一旦左に回り込むと、さらに延々と続く林道が視界に入ってきました
今回のルートは、安全を考えて釈迦嶺山頂より西側に伸びるゆる~い尾根に取り付く予定なので、林道を延々と歩いて山頂西側に回り込まねばなりませんが、どうやら今回の核心部はこの林道にあるようですな
20130419 (10)


林道沿いの所々でタムシバが可憐な白い花を咲かせてました
タムシバの花は全て真っ白だと思っていたら、花弁の裏側にピンクの部分があって綺麗でしたわ~
20130419 (11)





ほ~ら、だんだん林道の様子が険しくなってきたぞ~


林道を挟んで上下一直線に急斜面と化した場所が多く、所々にクラックも入る危なっかしい場所を通過するたびに、「雪崩るなよ~」と祈るばかり
さらに、「足滑らすなよ~」、「それからくれぐれもデッカイ声出すなよと副隊長に大声をかけつつ(汗)、慎重かつ素早く通過するように努めましたが、こういった場所って気持ちは急くけど実際にはペースアップできんもんですね
20130419 (12)




私ゃ急斜面ではビビりっぱなしで写真を撮る余裕もなかったのに対して、副隊長はご覧のように、私がビビりながら歩く様子を後方から冷静に撮影してたんですわ
その余裕には、ビックリ&恐れ入りました
20130419 (13)



オッ、ようやく尾根の取り付きポイント(写真右端ね!)が近づいてきたぞ~
20130419 (14)


フ~ゥ、やっと難所を抜け出せたわい
20130419 (15)



で、この場まで来てみると、なんと目の前に、あの笹ヶ峰がデデデ~ンと迫る勢いで見えたのでした
笹ヶ峰は健脚のミヤマンさんとご一緒して、かつ山頂ではみれさんにもお会いしたサプライズの難峰だっただけに、間近に見えてメチャ感動しましたわ
20130419 (16)



さて、いよいよ尾根に突入するぜ~ぃ
20130419 (17)
じぇじぇじぇ、いきなり激ヤブじゃん



でも、30m程ヤブ漕ぎすると残雪の上に抜け出せました
20130419 (18)



稜線上に出てからはもぉルンルン気分で、ご覧のような好展望の中を歩けるのでした
20130419 (19)20130419 (@@)



稜線の北側では、あの冠山をはじめとする越美国境稜線の山々を見渡せます
20130419 (21)



ゆる~い尾根で、山頂までしっかり残雪が続いてるように見えますね
でも、山頂付近は残雪が一部途切れてヤブ漕ぎもしましたが、それもまた楽しです
20130419 (20)





そしてそして、車止めから5時間強を要し、念願だった釈迦嶺の山頂に到着できました~、ワ~イ
20130419 (22)

足元にはササの間から3等三角点が顔を出してました
20130419 (23)




三角点付近からの展望です
いや~、それにしても、えらいこと時間がかかってしまいました
事前に釈迦嶺は簡単に登れる山だって聞いてましたが、いやいやどうして、残雪期にはヤブ期とは違うアプローチが必要となるため、私らにとって釈迦嶺は十分以上に難峰でございました
20130419 (24)
無事に登り終えて、登る前の不安と期待が安堵と満足に変わった
お釈迦様の山、どうもありがとう












~PS~


この日は気温が低くて、山頂付近は強風のためビュービュー大きな風切り音が絶え間なく聞こえメチャ寒くってまいりましたが、林道を無事に乗り切ってから程なくするとお日様も顔を出してくれ、林道沿いの桜もエエ色に輝いてました
20130419 (25)


そしてもう一つ、こんな鮮やかな青色の野鳥を初めて目の当たりにして感激しました
帰ってから図鑑で調べると、オオルリとかルリビタキっちゅう名前の野鳥が該当するようですが、野鳥に詳しくないんでこれくらいで勘弁してネ
20130419 (26)

● COMMENT ●

満足の山

登頂おめでとうございます。
イワウチワの群生素晴らしいですね。
ウソ峠のシート?看板?道も変わっていますね。
林道が雪の斜面、残雪期は歩きやすいより、歩きにくそうですね。
長い林道歩き、お疲れさんでした。
着々と岐阜百山完登が近づいていますね。
土曜日の飯盛山~西津汲は花いっぱいでよかったですよ。
土曜日はどちらへ?
また遊んでね。

Re:満足の山

ミヤマンさんへ

やはり、釈迦レポにいち早く反応していただくのはミヤマンさんだと思っておりましたよe-454
林道が車で行けない状況では、とにかく延々と歩くしか手がないところが辛いですねe-330
せめてマウンテンバイク等を使えばもう少しマシだったかも知れませんが、土砂崩落場所は自転車を担ぎあげなきゃなりませんし、それも考えもんですねe-2
ビビリぃの私は急傾斜の残雪トラバースに終始ビビりっぱなしでしたが、来春の大目標のエエ予行演習にはなったかもe-319
ちなみに土曜日はお天気が崩れると分かっていたのでテンション急降下で、ず~っと自宅でウダウダしてましたわe-275
また近々ご一緒したいですね、よろしくお願いしま~すe-348

スッゲ~!


釈迦嶺:地図上では知ってはいましたが・・
林道歩きがめっちゃ長い~~~ィ!
しかも崩壊、残雪・・薮・・
高倉峠は過去何度か車で行ってますが
あそこ付近はいつ崩壊してもあッたり前って
感じでしたが報告みて、やっぱし~ッ、ひどい!
とても行けそうにないですわ、
数時間の悪路徒歩に耐えられんです・・
いやはや、おったまげました!
ホント、お疲れさまでした~

Re:スッゲ~!

山えいちゃんへ

マニアックな山が大好きな山えいちゃんなら間違いなく釈迦嶺をご存じの事と思ってましたe-348
山えいちゃんが行かれた高倉峠、釈迦嶺山頂に至る稜線上からはっきり見えてましたが、今、その道路状況はどうなってるんでしょうね~e-3
その高倉峠からだと、天草山経由で笹ヶ峰に行くことができるようですね!

残雪期は雪解けとともに土砂崩落で思うように林道を通行できませんが、冠林道から分岐してウソ越に至る途中では林道そのものが崩落した場所もありましたんで、今年も昨年と同様に、ず~っと規制されたままになりそうな気配濃厚でしたよe-330
私はビビリぃなので、あの残雪急斜面で足を滑らせでもしたら谷底へ一直線に滑落だと思うと恐ろしくて恐ろしくて喉がカラカラになってましたe-350
なので今後、同時期の釈迦嶺に行くことはおそらく無いでしょうe-284

ぎふ百山病

お互いに“ぎふ百山病”を克服して頑張りましょう。
釈迦嶺は5年ほど前の秋に藪を突いていきました。
長い林道歩きと雪の斜面の恐怖、よくわかります。
その先は残雪で藪の上を歩くことができラッキーでしたね。
ゴールも間近ですね。わたしもあと2山です。

Re:ぎふ百山病

ミスターKさんへ

薙刀山、野伏ヶ岳、願教寺山と立て続けにソロでの登頂オメデトウございましたe-348
お互いにぎふ百山病ですか、確かにそのと~りですね、ガッハッハe-274
でも、ミスターKさんは私より重症だと思っているんですけど、フフフe-420
あと不動山・千回沢山の2山で全山登頂の念願達成ですねe-342
目標が同じですから、お互いに全山達成の瞬間をお祝いしたいもんですね~e-271


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/215-07e09730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いんちきプチ登山 «  | BLOG TOP |  » 遠路遥々Mt.猿ヶ馬場

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (115)
ぎふ100山 (48)
100高山 (26)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (153)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ