2017-06

北ア南部の未登峰へGo! - 2012.10.24 Wed

2012年10月20日()~21日()  ず~っと



皆様、大変ご無沙汰しておりました
9月下旬から今月中旬にかけてのビッグイベントによって絶好の秋山シーズンを棒に振った感のあるまま、ほぼ一ケ月ぶりに山へ行って参りました
20121021 (1)
今回のターゲットは、北ア南部にあって、これまで幾度となくその姿を見てきたものの未だ訪れたことのなかった穂高岳のお隣さんの 霞沢岳(標高2646m) 
当初、バスに揺られて上高地に入って徳本峠に向かおうと考えてましたが、あまりにもエエ天気だったことから、急遽、副隊長の発案で、新穂高ロープウェイで上がって展望を満喫してから上高地へ降りることと相成りました
では、今シーズンの北アを締めくくる山旅の様子をご紹介しま~す








錦秋の黄金期をビッグイベントに翻弄されて逸してしまい残念に思ってましたが、どうしてどうして、ご覧のようにまだまだ綺麗な赤黄緑の三色に彩られた山肌がとっても綺麗で、これを見ることができただけでもロープウェイに乗って良かったと思えました
20121021 (2)

山頂駅から千石園地を通り抜けて行くと、色付いたナナカマド越しに西穂の尖がりピークが目に飛び込んできます
20121021 (3)


山頂駅から45分、ココは今年の2月にラーメン食べに訪れて以来となる西穂山荘です
絶好の晴天なので、おそらくこの後は続々と登山客が訪れたことでしょうネ20121021 (4)


そして、こちらの山
西穂山荘の東方に見えてるこのお山こそ、今回我々が目指してる霞沢岳でございま~す
20121021 (5)


西穂山荘からは一路、紅葉が目立つ樹林帯を約2時間ほどの行程で上高地に降り立ってみると、そこはやはり観光地の常でスンゴイ大勢の観光客でごった返しておりました
20121021 (6)




梓川右岸側からお馴染みの河童橋を見ます
20121021 (7)



河童橋の上からは、皆様お馴染みのこの景色です
まっ晴れの青空の下、見事な穂高の山並みと梓川の流れがメチャ綺麗ですな~

20121021 (8)


河童橋から1時間ほど、ココは徳本峠に至る分岐点!
かつては上高地入りするため、島々から気の遠くなるような距離を延々と歩いてココまで来てたんですな~。
昔の人ってスゲ~ぜ
ちなみに、この分岐から本日宿泊する徳本峠小屋までは約2時間半の行程です
20121021 (9)


沢に沿って徐々に高度を上げていくと、背後には北穂高や明神岳の尖がり軍団が重なって、まるでケンザンの様に見えるのでした
20121021 (10)




そして明神から約2時間半、徳本峠に到着で~す

コチラの小屋は大正時代からある歴史ある山小屋で、当時の面影をそのまま残した外観は一見するとボロく見えるんだけど、内部はリニューアルされてメチャ綺麗かつ快適な山小屋だったんですよ~
ちなみに予約制の小屋なのでエエ時期にはなかなか予約が取れないそうなんだけど、梨丸隊はラッキーなことに、偶然出たキャンセルのお陰で綺麗な新館の暖か~いフワフワ布団で寝ることが出来ました
20121021 (11)
スタッフの皆さんも優しい方ばかりだし、ご飯もメチャ美味で何杯オカワリしたことでしょうか
20121021 (12)
同じテーブルに座ったご夫妻とも山話等で盛り上がって、終始楽しくワハハワハハと夜が更けていったのでした












明けてアタック当日



鈍足隊の我々、今日は山頂を踏んだらその足でバスとマイカーを乗り継ぎ自宅へ帰らねばなりませんから、長丁場のルートを見据えて夜も明けぬ午前4時30分に小屋を出発しました20121021 (13)



日の出は午前6時過ぎだけど、薄明るくなってくれば木々の間から雄大な山並みを見ることが出来ます
この時見えてた山は御嶽山と乗鞍岳ですな
20121021 (14)




本峰に向かう登山道沿いの斜面の木々も綺麗に色付いてて感激です。惜しむらくはもっと光を~っ
20121021 (15)




オッ、ようやく山肌が朝日を浴びて赤く燃えてきました
20121021 (16)




す~っかり明るくなってヘッドライトを仕舞いこんだ頃、霞沢本峰・K2ピーク・K1ピークを望むことが出来ました
それにしてもココまでの間、最初のジャンクションピークを越えてからも小ピークを数回、登って降って登って降ってだったので、重量級の梨丸隊にとっては正に修行のルートでございました

20121021 (17)




この急登の先にはK1ピークが待ってるぜ~、ガンバガンバ
20121021 (18)



小屋から3時間半、アップダウン&急登の修行ルートを歩いて、やっとこさK1ピークに立ちますと・・・・・
20121021 (19)




ドッカ~~~ンっと穂高の山並みの全貌が目の前に展開して、思わずウオ~ッっと声を発してしまうのでした
モチロン穂高だけではありません。笠ヶ岳や焼岳、常念山脈の山々など等が揃い踏みですぜ~
20121021 (20)




こちらは、これから向かうK2ピークと霞沢岳の山頂でござ~い
大展望にしばし見とれて写真撮影しまくりでしたが、後続がそろそろ登ってくるでしょうから先を急ぎましょ

20121021 (21)




K2ピークには表示がありません!
振り返って見ると、後続者が続々とK1ピークに到着しているのが分かります
我々、誰よりも早く小屋を出発したんだけど既に追いつかれてるし、他の皆さんって歩く速度が早いな~

20121021 (22)



霞沢稜線の西側には大好きな 焼岳(標高2455m) がデデ~ンと座ってます
焼岳の東斜面を見下ろすのは初めてですが、大きな崩れが何本もあるのに驚きましたね

20121021 (23)



こちらは何だか分かります
ハイ、そ~です。 この岩壁、紛れもなくあの 錫杖岳(標高2168m) なんですよ

この日、山友まっちゃんが錫杖岳に行ってたんで、副隊長が大声で
まっちゃ~~~~~ん
って 錫杖岳 に向けてラブコールを送ったけどちゃんと届いたやろか
※ちなみにガハハの副隊長の大声に他の登山者の方々の視線が集中したことは言うまでもありません
20121021 (25)



さて、K2ピークを後にしていよいよ憧れの霞沢岳山頂に到着ですぜ~
20121021 (24)



そしてそして、小屋から4時間弱かかってやっとこさ霞沢岳の山頂に到着で~す
ヤッタね~、副隊長お疲れさんでした~

20121021 (26)

ココの山頂って結構狭いんだね~
お約束の三角点もパチリ

20121021 (27)







~PS~
いや~っ、今年はビッグイベントのために錦秋の山プランが不完全燃焼のまま激終ってしまい残念無念と諦めてましたが、今回の霞沢岳が天気も展望も小屋も何もかもに恵まれて、まさに起死回生の逆転ホームランちゅう感じで完全燃焼した気分です


オマケですが、下山途中に初めて野生のツキノワグマを見ました
下山路の先を歩いていたグループが私らの方を振り返り、何やら指さししてるんで、その方向を見てみたら、なんとなんと、真っ黒なツキノワグマが沢の中にいるじゃん
そしたら次の瞬間、ツキノワグマの存在に気付いてなかった副隊長が「エ~ッ、ナ~ニ~?」な~んてデッカイ声を出した途端、あまりの声量に恐れをなしたか、丸々と太った熊がナント駆け足で逃げてしまった・・・・・・・・・・熊をもビビらす副隊長のガハハ、恐るべし

ちなみに鳥さんへ、熊と相撲をとって勝てるのは金太郎以外にはいてまへんが、副隊長のガハハなら熊にも勝てそうでございます!

20121021 (29)



● COMMENT ●

ご褒美の山

平日ではなく土日だったのですね。
それにしても良い天気で、小屋泊りもできてよいこと尽くめ。
岐阜県の大イベント、まさにお疲れ様でした。
ご褒美もらえましたね。
ここも行ってみたい山なんですが、その前に槍、穂高を登らなくては。わはは。
私の場合、運の悪さか、仕事も詰まって、土日仕事の連発。
紅葉は、低山で見ることができるかどうかも危うい。
お泊り会に参加して、うっぷんはらします。とほほ。

逆点ホームラン

素晴らしい景色でしたね。
うらやましい限りです。
霞沢は気になる山でしたが、
ぜひ行きたくなりました。
・・・お大事に・・・

K1ピークからの

穂高の眺めに度肝を抜かれました。
凄い景色ですやん。

やはりガハハーはウルトラマンのスペシューム光線より威力が有る事がわかりました。

来年のヒグマのハーレムを通過する北海道遠征にかみちゃんをレンタルしてもエエですか?

ガハハが効かない時はヒグマに前に、そっとかみちゃんを差し出したら怒られますやろか?

やっぱり熊が逃げましたか

霞沢岳登頂おめでとうございます

なにより激務のうっぷんが晴れ天気も晴れてバンザイです
うっぷんを晴らす山には最適だったとおもいます

副隊長の叫びに、クライマーが落ちそうになったとか?
とにかく熊の被害がなくて良かったです、

徳本峠

見栄えのする峠、徳本!
新島々からと上高地からと2度訪れましたが
景色抜群の峠ってこのことかなって思えるとこ!
峠の宿もボロっちくて相応しくランプの宿的で!♪
それにしても西穂山荘経由とは恐れ入りやした!
必死で登る割には意外な狭さの飾り気のない霞沢山頂!
・・・それが、いいんでは!
熊さんにお遭いできたみたいでッ、これまた好き想い出に
なりますやん!
お疲れさんでしたッ、わたしもまた行ってみよっかな~~
素敵な画像提供ありがとうございます♪

霞沢岳はともかく

何とも素晴らしい眺望ですね
山だけでなくツキノワグマまでもがお出迎えとは
おったまげました
ともかく、徳本峠小屋には是非行ってみよう

Re:ご褒美の山

ミヤマンさん

まったく疲れた大イベントでございましたe-330
そのご褒美で今回のワハハな山旅がもらえたならば頑張った甲斐があったというものですe-319
ご実家の辺りでは春のお花はもちろんですが、秋の紅葉も綺麗なんでしょねe-133
ミヤマンさんの前に立ちはだかっていたのは実は槍穂高ではなくって、それよりも遥かに高~い仕事のお山なんですねe-342
多良オフではい~っぱいお喋りしまくって日頃の鬱憤を晴らしましょうe-271

Re:逆点ホームラン

ベッカムさん

まさに今シーズンを締めくくるが如き、逆転ホームランのような素晴らしい絶景を堪能させてもらうことが出来ましたe-266
これまで、穂高周辺を訪れる度にとても気になっていた霞沢岳でしたが、今回やっと念願も叶えることができ大満足でございますe-319
私らの体調はありがたい事に快方に向かっておりますので、ベッカムさん(奥様も)の方こそお大事になさってくださいね~e-343

Re:K1ピークからの

鳥さん

さらにK1ピークからの穂高の展望をご覧いただこうと、鳥さんのためにブログトップの写真を変更してみましたe-94
まさにあのような素晴らしい景色が目の前に展開しておりましたe-266

ところで、副隊長のガハハがスペシューム光線並みの威力であることが実証されましたが、さらに副隊長の腕力たるや私をも凌駕しているように思っております故、ヒグマハーレム通過時にヒグマの前に差し出そうとしたならば反対に鳥さんが生贄にされてしまう可能性大ですので、お止めになられたほうが賢明かと存じまするe-330

Re:やっぱり熊が逃げましたか

まっちゃん様

念願だった錫杖岳の登頂、おめでとうございましたe-319
さらに雪を被った浅間山にも訪れることができて良かったですね~e-266
まっちゃんも普段から家事に仕事に何にでも凄~く頑張ってるんで、まさに天が味方してくれましたねe-44
副隊長の雄叫びが錫杖まで届いた結果、びっくらこいたクライマーが落ちそうになったってe-3
今後も熊の出てきそうな山に行かれる際は、熊ベル要らずのガハハ副隊長をヨロシクどうぞ~e-319

Re:徳本峠

山えいちゃん様

かつて、新島々からと上高地から2度もココへ訪れてらっしゃるとは、まさにパワフルな山えいちゃんらしいと思いましたe-271
しかも日帰りで霞沢岳をピストンされてるとは、もはや山えいちゃんは誰もが認めるスーパーマンでございますe-284

徳本峠小屋を見た瞬間、ゲゲっボロいやんか~と思ったものの、あの小屋は2010年に改築されたんですねe-343
かつてのランプの宿だった面影を残しつつ近代的な設備になっていて、料理は美味いし布団はフカフカで寝心地バツグンだし、トイレも清潔だったしスタッフもエエ人ばかりで文句の付けようのない素敵な小屋でしたe-266
またいつの日か訪れてみたいと思う素敵な小屋と山に、当日はガハハな笑い声が響き渡りましたe-348

Re:霞沢岳はともかく

8739様

訪れる前に想像していた以上の素晴らしい展望で、K1ピークに立った瞬間には思わず息を飲みましたe-342
今回は熊さんまでサプライズ登場してくれ、まさにワハハガハハの山旅となりましたe-266
素敵な徳本峠小屋には是非ともお出掛けくださいe-284
きっと満足できる山旅を演出してくれること請合いますe-348

さすがかみちゃん!

霞沢岳に登ったのはいつだったかな・・・・と調べてみたら、2004年でした。
登った年は覚えていませんが、小屋が感じが良くて次は小屋泊で!と思ったことや、霞沢岳までがむっちゃ遠かったことや、ガスで何にも景色が見えなかったことは昨日のことのように覚えております・・・・・・。

ううむ・・・・やはりリベンジしなくてはだなぁ・・・・・。

Re: さすがかみちゃん!

ハウさん

さすがハウさん、既に8年前に登頂されてたんだe-342
登られた当事の徳本峠小屋の様子が見てみたいもんですe-317
きっとランプの似合う古風なたたずまいに感動されたんでしょうe-266


< ガスで何にも景色が見えなかったことは昨日のことのように覚えております・・・・・・。
ぬわんとホワイトベールに包まれた大展望だったとはお気の毒でしたが、来年は是非ともリニューアルされた徳本峠小屋泊まりでリベンジされ、新たな感動に包まれた霞沢岳を満喫してくださいね~e-271

その昔の学生時代(ちょこっと前ですが・・)山の帰りに徳本峠からの穂高を一目・・と、峠まで登りました。
上高地からのどっかーーん!!の穂高に見慣れた目には、ちょこっと物足りなかったような? (^^ゞ
これって、やっぱり島々からの長~~いうんざりするような道を歩いて、初めて、うわーー!!ってなるんやろな・・なんて納得した記憶があります。
ともあれ、霞沢岳、気になりつつ未踏です(いや、あっちゃもこっちゃも未踏だらけですけど、ね)
梨丸隊って、藪の中をごそごそ這い回っていると思えば、ジャンだとか錫杖だとかにさらっと登られたり、ホントに神出鬼没・・
副隊長も・・・いやはや、マイリマシタ・・・・ (; ̄_ ̄)=3

Re:

ルネオバ様

私も、ちょこっと前までは学生していたような・・・・ガハハe-330
確かに徳本峠からの穂高だと、上高地から見上げた圧倒される穂高の山並みと比べて見える範囲が狭いせいか物足りなさを感じてしまうのかなe-2
あっちゃもこっちゃも未踏だらけだなんて、ルネオバ様に比べたら我々なんて地元エリアをボチボチと徘徊してるだけで、その中にたまたまジャンや錫杖があったワケでございま~す・・・ナンチャッテe-348
ところで、多良でガハハ対談していただきたいのですが如何ですか~e-319

凄い、、、物好き

熊との遭遇、おめでとう。

霞沢岳の前に、上高地へ下りたというのが凄い。
霞沢岳から上高地へ下り西穂山荘へ登り返して、
ロープウェイで帰ってくると、もっと凄かった。
今後に期待します。

Re:凄い、、、物好き

老師様

熊さんに出会えてオッカナビックリウレシハズカシワハハわハハでございましたe-282
ガハハだけは副隊長にお任せですe-330

ご推奨の霞沢下山後西穂山荘登り返しプランですが、・・・・・・・・・・・・無理ですe-350
だってね~霞沢往復でいっぱいいっぱいで、登り返せる体力なんてありませんでしたでよぉe-329
それが出来るほどの体力が欲しい今日この頃でございますe-343

お久しぶりです

梨丸隊長 お久しぶりです。長い間のお勤めご苦労さんでした。(え、勘違いしないでよ)
うっ憤を一気に爆発させたかのように、天気も味方しましたし、ロケーションも最高でしたね。
写真も素晴らしかったです。

Re:お久しぶりです

ミスターK様

K様、お久しゅうございます~e-266
西ウレ峠の紅葉はちょうど見頃で良かったですね~e-133
長~いお勤めで山欠症状が悪化してましたが、お陰様で一気に解消できる爽快な山旅を満喫出来て万々歳でしたe-319
ボチボチ寒くなってきましたから、再び岐阜100とかヤマヒルの心配がなくなった奥美濃エリア、鈴鹿エリア等に出没しようかと考えてま~すe-343


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/174-339aad46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

土曜・午後の散策 «  | BLOG TOP |  » 祝?100000

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (114)
ぎふ100山 (47)
100高山 (26)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (152)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ