20170926荒沢岳

2017-10

長~い長い後半戦! - 2012.08.04 Sat

2012年7月29日(日)  時々


前夜、小屋のテレビで天気予報を見てたら、なんと下界には「大雨注意報」が出てるじゃんか
コリャやばいぜぇ~・・・・・で、明日の朝は未明から動き始めて、できるだけ早いとこ高瀬ダムに到着しようってこととなり・・・・・・

では、後半戦をご紹介しま~す







副隊長に、「時間だよ~っ!」って叩き起こされ、あわてて着替えを済ませてみれば、なんと予定してた午前4時の2時間半も前だった
副隊長、何を勘違いしたんだか、まだ早すぎるんで寝直して、今度こそ4時に仕切りなおしてお目覚めです
20120729 (1)



暗い稜線を歩くのは、昨年9月に奥穂~西穂を縦走したとき以来です
20120729 (2)


野口五郎山頂に向けて歩いてると、東の空が赤々となってまいりました~
20120729 (3)



小屋から僅かの歩きで、野口五郎岳(標高2924m) の山頂に到着でございま~す
20120729 (4)

山頂から小屋を見下ろすと、こんな感じです
天気予報どおり、あんまり天気の按配はよろしくないね~
20120729 (5)



さ~て、今日の行程も非常に長いので、山頂滞在を僅かな時間で済ませて先を急ぎます
20120729 (6)


ここは、水晶岳に至る裏銀座縦走路と湯俣温泉に至る竹村新道の分岐点ね
20120729 (7)


小屋から野口五郎に向けて出発した登山者の多くは、どうやら裏銀座縦走路に足を進めてるようでした。
実に羨ましく思いましたが、我々には時間も体力も無いので、潔く下山するのでございます
でも、いつの日にか裏銀座縦走路を全て繋いでみたいと思いましたね
20120729 (8)


しばし稜線を歩くと、これまでのルート上には見られなかった花々が姿を現します
20120729 (9)


でもね、足元は写真のように結構おっかないガレガレの場所だったりするのです。 お~コワッ
20120729 (10)

クルマユリ、シコタンソウ、ウスユキソウときて、、、、、
20120729 (12)20120729 (11)20120729 (13)
なだらかな場所ではシナノキンバイやハクサンイチゲのお花畑が広がってたりして、実にエエ感じでしょ
20120729 (14)



順調に高度を下げてくばかりだと思ってたら、目の前に南真砂岳への登り返しが待ってました
20120729 (17)


ゼ~ハ~登り返し、ご覧の降り口を通り過ぎて先へ進むと・・・・・
20120729 (18)

南真砂岳(標高2713m)の山頂に到着。 ここで一休み一休み
20120729 (19)


鷲羽岳の山頂には雲がかかってます。 早くどいてくれんやろか・・・・・・・・
結局この後も、山頂部の雲は消えずじまいで残念無念でした
20120729 (20)



新潟からお来しのお父さん方、小屋で朝ごはんを食べてから私らよりも1時間程遅れて小屋を出発したにもかかわらず、早くも南真砂岳の山頂で追いつくんだもんね~
達者な方って年齢や性別はまったく関係ないですね~。素晴らしい健脚です
20120729 (21)



小休止を終えたお父さん方、早くも下山に向かわれます。
右側の丸~いのが野口五郎ネ
20120729 (22)


そして、こちらの尖がってるのはスーパースター槍ヶ岳ネ
槍ヶ岳の手前には、恐ろしいほどに鋭く崩れた硫黄岳周辺の崖斜面がハッキリ見えました
20120729 (23)



さてさて、天気が崩れないうちに竹村新道を降りたいので先を急ぎます
20120729 (24)


登山道に樹木が現れれば展望の山旅とはお別れですが、次なるピークとなる湯俣岳までの間には、いたる所に綺麗なお花畑があります
やはりこんな場所では、どうしても立ち止まって写真を撮りたくなるんだよね~
20120729 (25)20120729 (26)20120729 (27)20120729 (28)20120729 (29)



小屋から4時間半弱、樹林帯の中にある湯俣岳(標高2378m)に着きました~
ここまで実に順調に降りてきましたが、この日の試練は、実はこの先に待っていたのでした
20120729 (30)



湯俣岳から麓の湯俣温泉までは約2時間。その間、殆どが針葉樹林と笹に囲まれた変化の少ない急坂のため、気持ちも身体もくたびれてくるんだよね~
20120729 (31)



いい加減イヤになってきた頃、突然、硫黄の臭いが漂ってきました
麓の温泉が近付いてきたようで、すると、このような展望地に出ます
写真では分かりませんが、奥の尖がり山の右肩には槍ヶ岳の穂先が見えてました
20120729 (32)

展望地付近から下を覗くと、なんとまぁ綺麗な色でしょう
気温もうなぎ登りに上昇していて暑いのなんの
一刻も早く降りて、水浴びしたい衝動に駆られるのでした
20120729 (33)


そして、野口五郎小屋を出発してから6時間半、やっと湯俣温泉に着いたがね~
こちらの温泉のご主人がとっても暖かい方で、親切に接してくださり感激でした
20120729 (34)
ちなみにこの温泉近くの河原では、少し掘り返せすだけで即席の自分だけのお風呂が作れるんだって
機会があったら、この温泉を楽しむためだけに再訪したいと思えるエエ場所でしたネ

さ~て、あとは川沿いを延々と高瀬ダムまで歩くわけですが、この平坦な道が疲れた身体には実に長くて過酷なのでした


前方がざわついてきたと思ったらナント、次から次にランナー軍団が林道を駆け抜けていくではありませんか
お聞きしてみると、トレーニング(ご本人達はハイキングとおっしゃってましたが・・・)で七倉から湯俣温泉を往復するんだとか
20120729 (35)



朝方の雨が降り出しそうな雲はドコへやら、陽光がジリジリ照り付けてメチャ暑く汗が絶え間なく滴り落ちます
遥か彼方には、昨日渡った吊橋のかかる不動沢(白いガレが堆積した所)が見えてますが、ちっとも近づいて来ません。湯俣から高瀬ダムまでは長い、実に長い、長すぎるて~って泣きが入ります
20120729 (36)


そして、これが高瀬ダムの手前にある全長約1kmのトンネルでございます
ここを抜ければ、やっとタクシーの待ってる高瀬ダムなんです。
ちなみに、こんだけ長いトンネルだと、中へ入るとメチャ涼しくって少しだけ生き返りましたネ
20120729 (37)

で、長~いトンネルを抜けると、そこには七倉へ向かうタクシーが待ってました。ヤレヤレ
この日も小屋を出てから既に10時間が経過。まったくよく歩いたよな~、歩き過ぎだねコリャ
20120729 (38)






~PS~
七倉近くの葛温泉へ立ち寄って2日間の汗を洗い流してサッパリした後は、定番のご当地グルメでございます
長野県だとど~しても信州蕎麦に目が行ってしまい、今回も豊科インター手前にあった蕎麦屋さんに立ち寄ってお腹を満たしてから家路へと向かいました

20120729 (39)

それにしても、裏銀座を全部歩き通そうと思ったら、かなりの時間が必要になりますね~
とりあえず、水晶~槍は細切れで繋いでいるので、歩いていないのは真砂岳~水晶小屋までの稜線だけになったので、次のコチラ方面の目標は赤牛岳と船窪辺りにしようかな~


● COMMENT ●

う~む!!!20

な、な、なんと、
今回ばかりは缶ビールの空き缶がた~くさん並べた写真が出てくるものとばかりおもってましたが、v-83

さては、日の出登山で出てくるということでしょうかv-275

渋い

景色は良いし、花は多いし、何たって人が少なく静かなのが最高です。
そんなコースを、どっぷりと歩けるなんて羨ましいですよ。
ただ野口五郎岳の山頂では、私鉄沿線を歌わないとダメらしいですが?(笑)

昨日の昼食

ご当地グルメと一緒のざる蕎麦と天丼(小柱と小エビのかき揚げ丼)を食べてました。
嫁は普通の天丼。
先日のオムライスと言い良く似たもん食べてますね。

裏銀座

表裏銀座と聞き、あたしゃ東京のしか、知らんがね~
とつぶやいて、ザブトンもらったことのある私、(笑)

「ラーメン、氷画」までは、こりゃゼッタイ行くで!
と、思ってたんだけど、、、その次の画像からメゲました。(^^ゞ

暑いのは尼だけで十分! v-393
パワフルな山旅、お疲れ様でした。勲章もんですね!ヽ(^o^)丿

祝完歩

画像を一枚一枚じっくり拝見しこちらも懐かしく回想してます。
湖畔道は暗闇で、なーーんも記憶にないんですが、
涼しいトンネルは気持ち好かった想い出♪
ダム湖が見える稜線から長い湖畔道が一部見えましたでしょ!
あそこ歩いて来たんだ・・な~んて目が点!
梨丸さんたちは「あそこ歩くんだ~・・・」って感じたでしょね。
絶景が随所で満喫でき、最高に閑静な山域、長い長い長~い行程、
ほんとお疲れさんでしたe-222
良き想い出になりましたねっe-343

Re:う~む!!!20

牛ちゃん

今回もの写真もご期待に沿えず申し訳ありませんが、家に帰ってからの副隊長、タガが外れたかのごとく、みるみる空き缶の列を並べておりましたぞe-330

Re: 渋い

SIVAさん

まさに裏銀座は北アルプスにあって、花良し・景色良し・静寂良しの素敵なルートでありましたe-319
欲を言えば2拍3日以上かけてじっくり歩いてみたいところですが、時間もお金も体力も何れも不足傾向なもんで、今回のような山行が一番適当だったかもe-343
私鉄沿線を歌われた方がもし黒部五郎であったなら、歌のタイトルも名鉄沿線になっていたのかな~e-291

Re: 昨日の昼食

鳥さん

長野県遠征の折はほとんどが信州蕎麦か、木曽駒界隈だとソースカツ丼が定番メニューでしょうかe-284
大阪遠征の折には、タコヤキ、お好み焼き、串カツ三昧と思っておりますが、食いだおれの街には他にもまだまだデラウマメニューがいっぱいでしょうねe-415
次回、鳥さんが高山に来られた際は、先日食べ損ねたバンドス緑で大盛り皿うどん3,5辛を食べに生きましょうねe-348

Re: 裏銀座

チーさん

銀座イコール東京ってとこ、まさにシティーガールですのね~e-266
湯俣温泉、まじオススメですe-224
周りのロケーションは申し分ないし、少し河原を掘り返せばマイ温泉が出来上がり、まったり温泉三昧の湯治ツアーを催行してみたいところですe-349
ちなみに終始パワフルだったのは副隊長の方で、私はと言えばヘロヘロ&フラフラe-330

Re: 祝完歩

山えいちゃん様

展望地まで降りてきたとき、麓の湯俣と川沿いに続く林道が見えたときは、まさにおっしゃると~り、「あそこ歩くんだ~・・・・・、まだまだ先は長いぜ~っ」って感じたでe-2
昨年、山えいちゃんがこのルートを歩かれたとお聞きし以降、ず~っと目標のルートになってましたんで、今回曲がりなりにも歩きとおすことが出来て本当にエエ想い出になりましたe-266
次は赤牛方面か、または烏帽子から北のルートを歩いてみたいですね~e-342

やっぱしねえ

数年前、ともに歩きましたがエエ~とこですよお
ぜひぜひ行ってくださ~い!
これらも長い長い根気のコース!
疲れ果てた後の黒四ダム湖畔道はエラカッた~~
蓮華岳~舟窪~烏帽子もアップダウン多くて
難儀でしたわ(~_~;)

Re:やっぱしねえ

山えいちゃん様

ぬわんと、山えいちゃんに「根気のコース」とか「エラカッた~~」って言わしめる程の、難儀&スタミナ勝負ルートなんですねe-284
我々に行けるか心配になってきたけど、まぁアタックの際は十分な日程を組んで、焦らず急がず挑戦したいと思いま~すe-348


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/160-dcb82ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイトハイク «  | BLOG TOP |  » 裏銀座の始まり始まり~!

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (118)
ぎふ100山 (49)
100高山 (27)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (154)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ