霊仙山

2017-03

裏銀座の始まり始まり~! - 2012.08.02 Thu

2012年7月28日(土) たりったり


この週末は予定された仕事のドタキャンというラッキーがあり、念願の裏銀座(ほんの一部ね)に足を踏み入れることができました
写真の場所は、裏銀座ルートの基点となる高瀬ダム行きタクシーを待つ登山者であふれる七倉ゲート前です
朝5時半にゲートが開くのを待ってタクシーに乗り込み、いよいよ高瀬ダムへGoでございま~す
20120728 (1)





七倉から約20分で高瀬ダムに到着しました
ダムの上でタクシーを降り、ここから裏銀座の登山口、ブナ立て尾根の取り付きへと向かいます。
20120728 (2)



ブナ立て尾根の取り付きに至る手前で、長~~い不動沢の吊橋を渡ります!
今んとこは、実にエエ天気やね~
20120728 (3)


で、吊橋の上から川面を見ると、ナントご覧のとおり、ガレガレが凄まじく堆積してるじゃないですか
重機が数台ありましたが、こんだけ大量の土砂が上流から流れ続けてくれば、まさに焼け石に水だろね~
20120728 (4-0)



沢を渡って程なく、いよいよ裏銀座の登山口でございま~す
北ア三大急登の一つと言われる激登りで有名なブナ立て尾根を登って、まずは烏帽子岳へ向かいます
20120728 (4-1)



階段あり、ハシゴあり、ツヅラ折れなどなどの急登が暫くの間続くのでした
時々、樹間から山の稜線が見えましたが、一体どこの辺りが見えてるんだかサッパリ分かりましぇん
20120728 (5)



ブナ立て尾根っちゅう名前が付いてるんだから、ず~っとブナ林が続くんだろうと思ってましたが、ブナもあるにはあるけど、それ以外の樹木(カラマツ、コメツガ、ダケカンバ、ナナカマド、オオシラビソなど等)が多いんですね
まあ、植生豊かな自然林だってことなんですね~
20120728 (6)



空が開けてきて足元にお花畑が現れると、そこは既に烏帽子岳の稜線でした
オっ、右の方に前烏帽子が見えてるやん
ここまでで約4時間、けっこう順調に歩くことができましたが、本日はまだまだ先が長~いのです
20120728 (7)



稜線から少し西に降りた所に、青い屋根の烏帽子小屋がありました
既に何人かの登山者が寛いでます。
20120728 (9)



小屋前にはチシマギキョウのお花畑が広がっていて、それだけでもメチャ綺麗なんだけど、そのお花越しに水晶岳や赤牛岳、さらには薬師岳などのスター軍団が一望でき、そのコラボ景観がメチャ感動モノです
20120728 (8)



さあ、あんまし時間に余裕が無いから先を急ぎますよ
とりあえず小屋にザックをデポして、烏帽子岳目指し小屋を後にします
20120728 (10)



烏帽子岳に向かう白い稜線の雰囲気が燕岳と似ていて、もちろんこの時期ですから足元にはコマクサがた~くさん花を咲かせてます
青空と山岳スター軍団、足元にはコマクサ群落と揃ってしまえば、もぉ先を急ごうにも写真撮影に忙しくって、なかなか先に進めなくなる梨丸隊なのです
まあ、副隊長との二人旅の場合は何時もこんな状態なので、時間に余裕が無くともしゃ~ないね
20120728 (11)



写真を撮りつつ前烏帽子のピークを過ぎると、目の前に、ひと際尖がった烏帽子岳が、その威容を披露してくれました 
20120728 (12)
チシマギキョウと烏帽子岳 どお、エエ感じでしょ20120728 (13)



烏帽子岳に向かって右側から回り込み、鎖を頼って岩峰へ取り付きます
20120728 (14)
景色に見とれてしまいそうになる気持ちをグッと抑えて、ここは慎重に歩を進めます
20120728 (15)


高瀬ダムから歩き始めて約5時間半、裏銀座ルートの基点 烏帽子岳(標高2628m)の狭~い岩峰の頂に立つことができました~。やったネ
20120728 (16)



さて、本日の目的地はまだまだず~っと先なので急いで烏帽子小屋まで戻って体制を整え、本日のお宿となる野口五郎小屋を目指し進み始めます・・・・・・・・・・・が、目の前には、これから越えなければならない三ツ岳(標高2865m)がドド~ンと聳えていて、その厖大なスケールに先が思いやられるのでした
20120728 (17)



でもね、三ツ岳に向かう稜線上は、この上ない程のお花畑が広がっていて、エエ加減くたびれてた身体を癒すのに十分でしたネ
20120728 (19)20120728 (20)



この先のピークが三ツ岳ネ
山の字が彫られてる石柱は三角点
20120728 (21)



この山域って、白砂の砂漠みたいなイメージしかなかったんですけど、実際に来て見れば実にお花の多いことといったら、とにかくず~っとお花畑が続いてるんだもんね~
副隊長なんか、まさに嬉しいばかりでしたネ
20120728 (22)20120728 (23)20120728 (26)20120728 (24)20120728 (25)




三ツ岳のピークをトラバースすると、その先に展望コースとお花畑コースの分岐がありましたが、ここは迷わずお花畑コースを選びます
何故かって
その理由は私の場合、登り返しが辛いからでしたが、副隊長の場合は、雪渓もありそうだし、もっともっとお花畑が見た~い、、、、、ってことでした。天晴れカアチャン
20120728 (27)

この分岐に至ると、ようやく左奥に丸~い野口五郎岳が見えるようになるんでございます
でも、野口五郎小屋は遥か彼方のようで、ドコにあるんだかさっぱり見えません
20120728 (28)



気を取り直して少し進むと、副隊長の期待どおりに雪渓とお花畑が待ってました
この時点で歩き始めて既に9時間弱が経過してましたから、しばしココで休憩します。
この雪渓の雪解け水がメチャ美味しくって、一口飲んだら生き返り、二口目で元気凛々、三口目でヤル気満々に・・・・・・・・・・・んなワケないか
20120728 (29)
雪渓の周囲には、まだピンピンのチングルマやハクサンイチゲが群生しとりました
20120728 (33)20120728 (30)



小休止を終えて、再びトボトボと歩き始めます
ここから先は、これまでの様な厳しいアップダウンはないけれど、雲間から現れる太陽の日差しにジリジリと焼かれながら延々と続く稜線を歩くのはかなりの苦痛です
二人ともこの頃になると疲れてきって殆ど会話もなくなり、ひたすら小屋はまだか~って思いながら歩き続けるだけでした
20120728 (32)
時々、雲が切れて野口五郎の左肩越しにスーパースターの槍ヶ岳が顔を出してくれましたが、もはや写真を撮影するのも精一杯
20120728 (31)


振り返ると、三ツ岳があんなに遠くになってます
もお10時間以上も歩いてるんだけど、野口五郎岳の丸~い山頂は見えてるのに小屋はドコじゃいな~
20120728 (34)



そうこうしてたら、丘のような場所の先の窪んだ場所に、唐突に小屋の青い屋根が現れたのでした
正直、あ~助かった~っ、これでもお歩かないで済むと思うと安堵感でいっぱいでしたね
目と鼻の先に野口五郎岳の山頂が見えてるんだけど、10時間半も歩いてようやく到着した小屋からは離れたくありません。
山屋がこんな弱音を言ってちゃ駄目とは思ったけど、翌朝には間違いなく山頂を踏むんだから、今ここであえて無理する必要はないもんね~・・・・って自分を納得させるのでした
20120728 (35)

んで、チェックインしたお部屋は偶然にも烏帽子岳
この日は50人弱が宿泊したようですが、激混みを覚悟していたけど、そこはやはり裏銀座ルートにある山小屋のええとこで、槍穂界隈の激混み状態とはちがい、ハイシーズンでも十分ゆったり寝ることが出来たんで全く心配は無用でした
20120728 (36)






~PS~
晩御飯は揚げ物中心でしたが美味しくて美味しくて、副隊長が残したご飯もいただき、さらにもう一杯オカワリして満腹満足
これで明日の後半戦も大丈夫・・・・・・やろか
20120728 (37)

● COMMENT ●

野口五郎小屋から

水晶小屋までも、思った以上に遠いんですね。
烏帽子小屋から奥黒部ヒュッテまで泣きながら歩きました。

お花いっぱ~い

この時期はお花盛りですねェ
長い長いコースだけに元気もらうでしょッ
振返ると遥かに辿った烏帽子が見えるッ
野口五郎小屋はあっけなく凹地に!
ホットしたことでしょう。
暑い時期だけにほんとにお疲れさまでした!
後半はどんなんでしょ・・・♪

ひょっとして、間違いでもいいから
とコマクサを期待して歩いた笠への稜線
それが梨丸隊の前にドヒャッと現れるなんて不公平ですよ(笑)
何ともロングなコースですね
鍋平から鏡平で吹いてしまったhanasaku隊には
とてもじゃないが手も足も出ません

山も良し、花もよし

日頃の行いがよいのでしょうね。
最高の天気に、山は美しいし、花盛りで見所いっぱい。
こちらの方面は、気にかけていないので、全くわかりません。
うらやましい限りです。
どんどん歩けていいですね。
後半を期待します。
足の筋肉が落ちて、膝が痛いです。(笑)

主三角点

山の三角点は、主三角点と書いてあったでしょう。

御料局とも違う、山林局の三角点です。
黒部五郎、三つ又蓮華、寺地山、北の俣岳、赤牛、水晶小屋裏、にもありますよ。

大日のいっぷく平ら、八方尾根などにもある

う~む!!!19

晩御飯の写真といえば、決まって副隊長の
   缶ビール ずらーと  10本v-275
が出てくるものとばかり思っていましたが、さすがにこの日はお疲れモードのようですねv-16
天気もよくて、ガス男返上ですなv-66

憧れの銀座♪

うっひゃ~
表も裏もようわかりませんが
とにかく長い旅お疲れ様でした 続変?続編?
楽しみにしています

遠くへ行けなくてもいい
表と裏銀座をくまなく歩いてみたいです。

Re:野口五郎小屋から

鳥さん

水晶小屋まで長いってことは容易に想像できましたe-284
あの界隈って、どこも次の目的地までが長すぎて私らの体力では持ちましぇんですe-330
サクッと笠日帰りをやってしまう鳥さんですら烏帽子小屋~奥黒部ヒュッテ間は遠すぎましたか・・・・・・・って、普通の人はやりませんてe-350

Re:お花いっぱ~い

山えいちゃん様

まったくお花三昧のエエ時期に行けてベリー良かったですe-266
副隊長はお花畑でワハハガハハ元気凛々でしたが、暑さに弱い私はヘロヘロになって、雪渓の雪解け水に随分救われましたe-319
それにしても、日帰りでこのルートを周回された山えいちゃんは、今後、超人様とお呼びさせていただきとうございますe-349

Re:

hanasaku様

笠方面だと、残念ながら間違ってもコマクサは咲かないんですよね~v-41
それにしても、今回のルートはたいへん長くてヘコタレそうに、いや、ヘコタレましたe-350
でも、小屋から小屋へと細切れで繋ぐことは出来ますし、メチャ魅力タップリの山域ですから、チャンスを作って野口五郎~烏帽子にもアタックしてくださいネe-271

Re:山も良し、花もよし

ミヤマン様

そ~なんです、私らの日頃の行いが非常に良いのでお天道様が味方してくれたのです・・・・・・・ナンチャッテe-348
一度は諦めかけたアタックでしたが、仕事のドタキャンのお陰で、お花真っ盛りの時期に訪れることができ非常にラッキーでしたe-319
膝の調子が心配ですね~e-329
サポートタイツでエエ品物がありますからご一考されてはいかがでしょうe-284

Re:主三角点

御池様

三角点にも色んなタイプのモノがあるようですねe-284
紛らわしいので国土地理院のモノだけにしてもらいたいもんですe-343

Re:う~む!!!19

牛ちゃん

副隊長のことですから飲まないワケがないじゃないっすかe-284
今回は晩御飯前に、ちゃっかりオツマミ食べながらグビグビやってましたぜ~e-65e-65e-65

Re:憧れの銀座♪

まっちゃん様

表も裏もエエ山ばかりですからボチボチと長期計画で歩き倒しましょうネ絵文字:e-284]
ちなみに、登山口に辿り着くまでが結構遠く感じたッスよe-330


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/159-ff380c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長~い長い後半戦! «  | BLOG TOP |  » 憧れの裏銀座

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (112)
ぎふ100山 (47)
100高山 (26)
旅行 (24)
フィッシング (0)
未分類 (150)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ