20170926荒沢岳

2017-10

井出ノ小路山(ぎふ100山) - 2012.05.22 Tue

 2012年5月19日(土) 勿体無いほどの

江戸時代から部外の立ち入りを禁じた“不入山”(ふにゅうざん)。
群生するヒノキは日本有数の品質を誇り、江戸城や伊勢神宮などに使われるなど、日本の木造文化を支えてきた。
かつて、木を盗んだ者は打ち首などの厳罰に処されたという。
今も国の管理下に置かれ、許可無く立ち入ることは出来ない。
特別に入山を許可されたウッチーこと内多アナウンサーが、知られざる“不入山”の歴史と魅力に迫る

これは、NHKが「金とく」で特集した不入山の紹介記事ですが、この不入山こそ、ぎふ100山シリーズの一つで、中津川市加子母の 井出ノ小路山(標高1840m) なのです

既に井出ノ小路山へ登られたミヤマンさんのレポを拝見すると、長~~~~~い林道歩きの挙句に、激烈なヤブ漕ぎを強いられる、時間と忍耐を要する強烈な山であることが分かります
でも、ぎふ100山全山を目指してる梨丸隊には避けて通れぬ関門なのです
金とくで紹介されてからというもの、これまで敢えて後回しにしていた井出ノ小路山に注目するようになり、今年こそは日が長くなった頃を見計らってアタックしようと考えてました
さて、梨丸隊2名は激烈な井出ノ小路山の山頂を踏む事が出来たのでしょうか、ご紹介しま~す









R256に乗って東白川を抜け中津川市加子母に入り、付知峡の案内標識に従って北上すると、付知川沿いにどんどん高度を上げていきます 
20120519 (1)


林道を走っていると突然、車の前を横切るモノが
よくよく見れば、なんと子狸ではありませんか
カメラ目線になったと思ったら、背中を丸めて威嚇してきましたわ  狸汁にして喰ったろか~っ!
20120519 (2)



渡合温泉との分岐を右折して井出ノ小路林道に入ると、程なくゲートにぶち当たります
ゲートの手前が若干広くなっているのでそこに車を停め、いよいよ長~~~い林道歩きの始まりでございま~す
20120519 (3)



千両のぞきの看板があったのでガードレールから身を乗り出して下を覗いてみれば
・・・・・・・・・・・新緑の葉っぱが茂ってるだけでした
20120519 (4)
ちなみに、副隊長のザックにくくってあるのは登山靴です。
長い林道歩きにはローカットシューズを使用いたしました。


おっ、あのピークが井出ノ小路の山頂やろか
しかし、後にも先にも林道で山頂っぽいピークが見えたのはこの時だけでした
20120519 (5)



車止めから30分程で、高樽山へ向かう林道との分岐点がありました
近々こちらの山にも行かねばなりませぬな~。なんせ、ぎふ100シリーズの山なんで
20120519 (6)


林道歩きで初めて渡るのがこちらの いでのこうじばし
この先、美林橋、ネームプレートが外れて名前の分からない橋、からさわ橋などを渡ることになります
20120519 (7)


1時間程歩くと、ヒノキサワラの木が合体して一本の木になったという合体木の案内が目に止まります
樹齢560年、樹高35m、幹周り250㎝と紹介されてましたが確かに背が高い
ふと周囲の木を見てみると、いずれも一直線に伸びてメチャメチャ背が高い木ばかりです
20120519 (9)



ヒノキやサワラなどの針葉樹が非常に多い山ですが、合間には綺麗な新緑も目立ってます
20120519 (10)
ほんの僅かでしたが、イワカガミの可愛らしい花も咲いてます
20120519 (11)
こちらもほんの僅かでしたが、ヒメシャガの花も咲いてました
長~~~~くて単調になりがちな林道歩きも、これらのお花や新緑があるので飽きることはありません
20120519 (30)



1時間半程で、二つ目の橋となる美林橋を渡ります
でも、まだまだこれからが長かったりするのでした
20120519 (12)


林道のあちらこちらに、ご覧のような落石が転がってて少々恐怖を感じつつ早足で通過します
20120519 (13)



この橋が、登山ルートとなる涸れた沢のすぐそばに架かっているからさわ橋
歩き始めてから、既に2時間半も経過しておりました
20120519 (14)



そんでもって、こちらの堰堤こそが井出ノ小路山の山頂直下の鞍部へ至る、枯れた沢の入口でございま~す
20120519 (15)
参考までに、この堰堤にはご覧のプレートがはめ込まれてます
20120519 (16)



堰堤に向かって左側から枯れた沢に入ります!
いよいよここからが、激烈&過酷な井出ノ小路山の本番ですな
20120519 (17)


この沢の下部には全く水が流れてません。
(※かなり上部にチョロチョロ程度の流水があっただけ!)
20120519 (18)


ふと足元を見ると淡いピンクの花びらが沢山落ちてました
見上げてみればご覧のとおり、まだ多くの花を残したアカヤシオとご対面です 
今年になって初めて間近で見ることができたアカヤシオでした
20120519 (19)


それにしてもペースが上がらんわ
北アルプスの錫杖岳も同じような大岩ゴロゴロ沢を登ったけれど、今回は朝が早かったせいなのか何なのか、足がやけに重たく感じて一向に波に乗れぬまま黙々と岩を乗り越え続けます
・・・が、行けども行けども大岩小岩がゴロゴロと延々続く続く
20120519 (20)


延々と続くゴロ沢にエエ加減音を上げかかったけれど、副隊長の頑張りに発奮させられます
そして、沢沿いに咲く可憐なオウレンの花に癒されました
20120519 (21)


アチャ~ッ、だんだん沢が細くなってササヤブが目立ってきましたよ~~ん
20120519 (22)



すると突然、ミヤマンさんレポにも紹介されてた崩壊地にぶち当たりました
崩れた急斜面は危なっかしく登れなかったんで、そこを避けて激烈なヤブの中を進むことにしました
20120519 (23)



ゲゲゲッ、ササヤブの密度がとっても濃い~がね
下向きに伸びてるもんだから、必死になって掻き分けても足に絡まるし、ようやく足を抜いても濃いササヤブが上から覆いかぶさってくるし、背丈以上のヤブの中でもがいてるだけでちっとも前に進めず、まるで悪夢にうなされてるかの如く、もぉ最悪
20120519 (24)


何とかかんとか鞍部に出ました
ここ、笹丈が低くなってる訳ではありません
ササに隠れた倒木の上に乗っかって目印を付けてるのです
20120519 (25)


こんな激烈なササヤブは、かつて雪が無くなった時期に野麦峠から登った鎌ヶ峰以来でしたわ
ちなみに副隊長の後ろに見えるピークは三角点のある中ノ谷という山ですが、この時点で既に、そっちにまで足を伸ばす気にはなれない程、ほとほと激烈なヤブに疲れておりました
20120519 (26)



鞍部から山頂までの間で若干でしたが、雪を纏った中央アルプスの山並みを見ることが出来ました
この場所以外は全く展望がございません
さすが、昔から人が入ってない(しっかり入ってるけど!)不入山なだけはありますな
20120519 (27)



立ち枯れの木の向こうに見える樹林帯に突入すれば山頂は間近です
あと少しの辛抱だ、頑張るぞ~っ
20120519 @



オオッ、石楠花が出てきたっちゅうことは、もお殆ど山頂だぞ~っ
残念ながら、まだ花は咲いてません
20120519 (28)



そしてそして、車止めから6時間を要して、ついに念願だった不入山の山頂を踏む事が出来ました~
それにしても、登りに6時間ちゅうたら北ノ俣の時とそれほど違わない(※山の質は随分違いますけど!)じゃん
20120519 (29)
こんな激烈なヤブ山には、どなたもお誘いしなくて良かったと思いましたし、かつて井出ノ小路の山頂を踏まれた後に、更に中ノ谷まで登られたミヤマンさんのバイタリティーはメチャ凄いと思いましたね~







~PS~
下山後、ササヤブの埃にまみれた身体をサッパリしたかったので入浴施設を探したところ、国道に戻ったところで付知峡温泉おんぽいの湯を発見
大人一人600円也
20120519 (31)

※ちなみに、林道の奥にあった渡合温泉は日帰り入浴可能ですが事前の予約が必要なんだそうな!

● COMMENT ●

藪こぎたい

初めに名前を聞いた時に綾小路きみまろの親戚かと思った山の名前でした。
レポ拝見して着いて行かんで良かったと、しみじみ思いました。
梨丸隊を改め「藪こぎたい!」にしたらどう?

お疲れさまでした。ようわからんけど、意味ある山の制覇おめでとうございます。

恐れ入りやす

またまた、当方にはまったく知らないお山!
紹介していただいた説明や検索すれば・・・
いやはや、何やら曰くつきのお山!
容易に辿りつけそうにないお山!
恐れ入りやした~
激ヤブこぎやら長い林道歩きやら・・・
岐阜100山もなかなかですなあ
いやはや、感服いたしやしたv-255

岐阜にもあるんですね。
2年前の5月に土佐藩の管理下に置かれていた、その名もずばりの不入山に登りました。
アケボノツツジが満開で帰りに須崎の鍋焼きラーメンを食べて帰りました。

Re:藪こぎたい

まっちゃん様

タイトルを見て、ついにヤブに目覚められたのかと思ってしまいましたがねe-284
もしヤブ漕ぎをご希望されるのでしたら、いつでもお申し付けくださいe-399
特急品の激ヤブから、入門用のヤブまでご用意いたしておりますe-319
ちなみに私、ヤブ漕ぎはキライですe-282

Re:恐れ入りやす

山えいちゃん様

スミマセン、今回は物好き限定激ヤブの山でしたe-342
さっそく検索までされたなんて、拙いレポに興味を持っていただいたことに非常に恐縮しておりますe-451
一見すると容易に辿りつけそうもないように思われるかもしれませんが、お山の達人山えいちゃん様ならば、今回の不入山だって中ノ谷だって、サクッと歩きとおされることと思いますよ~e-271
岐阜100シリーズの山はバリエーション豊富で、一筋縄でいかない山も多く、だからこそチャレンジし甲斐があるっちゅうもんですe-319
ちなみに、いつも超人的な山歩きに感服させられてるのは私らのほうですからね~
e-348

Re:

へぇ~様

NHKの番組で紹介されるまでは、井出ノ小路山が不入山と呼ばれていたことなど全く知りませんでしたe-330
高知県の不入山は「いらずやま」と読むのですね~e-284
ウィキペディアで不入山の事を調べてみましたが、須崎の鍋焼きラーメンのことは紹介してませんでした。エエ情報をアリガトウございました~e-348

私もNHKの金トク見て、今も山守の方が守っているとの話聞いて
入れないと言われると入りたくなるんです、、、わたし。、
行けばと言われると行きたくないし、
そんな天邪鬼にピッタシの山、
私は行ってみたいです、、

林道のあまりの長さにアホらしくなり
途中で宴会をして戻ってきた山。

ウーム、、、4


レポ拝見して、一緒に着いて行けばよかったと、しみじみ思いました。
梨丸隊を改め「藪フェチたい!」にしたらどう?

とりあえず、山の制覇おめでとうございます

Re:

kayoさん

いつだったか、金とくのこと話しましたよね~e-284
きっと井出ノ小路山に興味があるんだと思ってましたが、事前に仕入れた情報で激烈なヤブ山と分かりましたんで、どなたもお声掛けしませんでしたe-343
崩壊地から上のヤブが手強くて、行ってたならきっと綺麗なお顔がヒリヒリになっちゃってますよ~e-330
井出ノ小路山は1回行けばもぉ十分ですので、次はお隣の高樽山にアタックですe-271
こちらの山も、井出ノ小路に負けず劣らずメチャ長~~~~~い林道歩きの挙句に激烈なヤブが待っているそうなe-350
そちらにご一緒されますe-3

Re:

老師様

まだ誰も井出ノ小路山に注目していなかった昔々にお出掛けされたのでしょうかe-3
結果は登頂断念でしたけど、目の付け所が凄いと言いましょうか、先見の明があると言いましょうか、この山に行こうとされたこと自体に老師の流石を感じますe-319

Re:

ウシちゃん

ウソばっかしe-330
あなたの事は今後、調子良男さんとお呼びせねばなりませんなe-284
ホントに行かなくて良かったよ~e-348

藪は嫌いです?

コメントが遅れましたが、登頂おめでとうございました。
長い林道歩きがなかったら、藪漕ぎだけで済むのにねえ。
ゴロゴロの大岩の登りも、こたえましたよ。
沢の終点から、横に逃げたのですが、まっすぐ進んだ方がよかったのかも。
下りはまっすぐ下りましたけど。
着々と、制覇されていますね。
感心します。
それも一人じゃないとこがすごいですね。

Re:藪は嫌いです?

ミヤマンさん

ありがとうございますe-348
ミヤマン先輩の追っかけで、さらにレポも参考にさせていただき何とか山頂を踏む事ができましたe-319
それにしても、あの激烈なヤブを漕いで中ノ谷まで行っちゃうミヤマンさんって、やっぱり凄いの一言ですe-343
ちなみに、山頂からの復路は藪の中をひたすら下って下って、知らぬ間に崩壊地を通り過ぎて、枯れ沢になった辺りに出ましたよe-86

すいませんね。

コメントのヘェ様は私でした。
とにかく夜は酔っぱらってるんで何かをキーボード上でしでかしたみたいです。

Re:すいませんね。

鳥さん

やっぱり鳥さんでしたかe-284
やっぱり今夜も酔っぱらってますかe-3
ガハハ
e-348

制覇おめでとう、ミヤマンさんには出会っていました山ですが、一昨年は尾根で撤退。

昨年は高樽と一緒に行けました。テント泊です。

Re:

御池様

ありがとうございますe-454
難峰にてミヤマンさんと出会われたのですね~e-284
このタイプの山を目指す方は限られるでしょうから、再び同じタイプの別の山でまたお会いするかも知れませんねe-342
ちなみに、既に御池様が登られた高樽山を我々の次のターゲットにしようと思ってますe-348


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/140-43149052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「怖いもの知らずの女」実践! «  | BLOG TOP |  » 越前甲山(福井県の山)

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (118)
ぎふ100山 (49)
100高山 (27)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (154)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ