2017-06

父のこと - 2011.12.13 Tue

12月4日(日)、父が79歳で亡くなった。
このブログを立ち上げて丁度1年が過ぎた日だった。

父は、2年ほど前から肝臓癌で入退院を繰り返す闘病生活を続けていた。
今年になって、治療の効果から肝機能が正常値に戻り、ホッと胸を撫で下ろしていた矢先に、予期せぬ誤嚥が原因で肺炎となり、結局それが命取りとなった。

最後の3日間、父の病床に付き添った。
亡くなる日の前夜、水を求めた父の口元へ湯飲みを運ぶ私に、父は声にならない声で、「アリガトウ」と言った。
父が発した最後の言葉となった。

今年は父と母の結婚50周年の記念の年だった。
金婚式のお祝いを計画していた矢先の体調悪化で、結局それも出来ず終いとなってしまった。
今となっては、それが悔やまれてならない。
親孝行したい時に親は無しとはよく言ったものだ。

私が子供の頃は、父は大きく強く、そして怖い存在だった。
所帯を持ってからも何かと口喧しく小言を言う父のことが好きではなかった。
だから敢えて会うことも避けていた。
亡くなった時も事実だけ受け止め、冷静に以後の段取りなどを考えていた。

長男なのに実家から離れていた親不孝者の私。
葬儀では喪主を務めた。
父は私の目から見て、決して人付き合いが上手なタイプには見えなかったが、葬儀にお参りに来てくれた人の多さに驚いた。

父の死に、私は決して泣くことは無いと思っていた。
だが、葬儀の終盤、これでお別れだと思った途端、不意に目頭が熱くなった。
しばらく涙が止まらなかった。

初七日の席では、親戚衆から父に関する様々な話を聞くことができた。
分かったことは、私は父のことを殆ど何も知らなかったということだった。
あのうるさかった父の小言の数々が、私に対する不器用な父の愛情表現だったのだろうと、今は思える。

父が私に何を残したのか、それとも何も残さなかったのか。
取り合えず借金は残してないようだ。
語り継げるような男の生き様を残したわけでもない。
だが、母のことは大切にしていた。

父が逝き、半世紀を連れ添った母のことが心配だ。
今後は兄弟で母を支えようと思っている。

世の中は既にクリスマスから正月モードに一直線。
こんな慌しい年の瀬に逝くなんて!
でも、それが一番父らしいと、ふと思ったりする。

まだまだ片付けなければならない事が山積だが、残された者の務め。
淡々と片付けるしかない。

新年は、父の居ない実家で、ゆっくり父の思い出話などに花を咲かせようと思っている。



● COMMENT ●

ご愁傷さまです

まっちゃんちに次いで梨丸家でもですか
79歳と言えば男性の平均寿命
言わば天寿を全うですよね
我が父などは16歳の時に60歳の若さで、
母となると3歳の時に46歳で世を去っています
残されたお母さんを後悔の残らぬよう精々大切にしてあげて下さい

さぁあと10年、健康で金婚式が迎えられるよう頑張ろう

Re:ご愁傷さまです

8739様

偶然が重なりましたが、もう続くことはありませんのでご安心をe-284
それにしても8739さんは、若くしてご両親を亡くされて、それはそれはお辛かったことと思います。
私たちの救いは、心の準備をする時間があったことでしょうねe-2
今後は残された母を、私たちがしっかり支えていこうと思っています。
8739様もあと10年と言わず、ダイヤモンド婚式・プラチナ婚式まで健康でお過ごしくださいね
e-319

母のこと

こういうコメントは苦手なので、あまり気の利いたことは言えませんが、いろいろ大変でした。
うちも父を亡くして早や20年近くなりますが、今は母を大事にすることだけ考えています。
といっても、結局会いに行くのは年に数回ですが。v-205

親孝行

年頃になれば家庭を持って普通に暮らしてくれて孫の顔を見せてくれる。
そして親より長生きしてくれたなら、それが親が思う一番の親孝行かもしれません。
築かれた梨丸家は最高の親孝行だと思います。

来年も梨丸さんの歩荷で山鍋しましょう。

ご愁傷様です

年末に大変なことでしたね。
私の両親は、健在ですが昭和5年の母と6年の父ですから、同じような年齢です。
まだ元気ですが、昔ほど丈夫ではありません。
実家に顔を出すだけでも、親孝行と思って通っています。
実家のおばさんが亡くなったときは、身辺整理に色々大変でした。
まだ、大変かと思いますがご自分の健康にも注意してください。
また、山にご一緒できる日を待ち望んでいます。

しんみり

すごく素直な文章にほろりときました。
77歳の父と百名山を登れる自分は幸せで、
親孝行していると言ってよいのかな・・・と思えました。

この文章を
読ましていただいたことに
感謝しています。

長男の宿命

長男はなにかと大変です。
しかし、あれよあれよという間に時は流れる。
腹をくくって決断していけば、
悔いは残りません、、、、多分。

Re:母のこと

よれよれ様

アッ、牛が抜けたけど、まぁエエか!
母上様にお会いするのが年に数回とな?
親不孝者の私ですら、年に10回以上は会っておりまするぞなe-319
お互い、母を大切にしましょうネ
e-348

Re:親孝行

鳥さん

そうおっしゃっていただけると、たいへん気持ちが救われますe-319
マメに実家を覗こうと思ってますが、私以上に子供らが自主的に実家に顔を出しているようなので、私の出る幕が無いかもしれませんe-330
それはそうと、来年も何処かで山鍋しましょうね~
e-343

Re:ご愁傷様です

ミヤマンさん

ご心配いただきありがとうございます。
お蔭様で私もカミさんも非常に元気してますe-319
亡くなった父の分まで人生楽しまなきゃ損ですから、忌明けからはバンバン山歩きしちゃいますよ~
e-348

Re:しんみり

ベッカムさん

ホロリとしていただき、ありがとうございます。
思いのままに綴ると良く伝わるんですねe-348
父上様と山旅をご一緒されてるベッカムさんが羨ましいですが、亡くなった父親は間違っても山歩きするような人ではなかったな~e-330
ちなみに父の趣味は日曜大工で、町内の方々に重宝されてたみたいです
e-343

Re:長男の宿命

老師様

喪主を辞退したいところでしたが、そうもいきませんでしたe-330
本当に長男は何かと大変ですねe-2
悔いの残らないように腹をくくって・・・・・・・・・遊ぼうかな~
e-319

私の父のことと重なって目頭が熱くなりました、、
今は死んだら一番に父に会いたいと真剣に思ってます、、、

薄情かもしれません、、、、なんでかわからないけど、、、
父に会いたい
父ちゃんとは違う感情なんです、、、うまくいえないけど、、、

お悔やみ申し上げます

梨丸さん、こんばんは

お悔やみ申し上げます。ご冥福をお祈りいたします。

私は、先日、父の十七回忌を済ませました。早いもので、父が他界してから、16年が過ぎましたが、いまだに、人がいなくなってしまうことが理解できない気がしています。

落ち着かれましたら、また、山、お誘いください。

お悔やみ

寂しくなりますね・・・
そんな年頃なのかと実感します。
父の17回忌と母の3回忌を終えて次は自分たちの行く末を考えないと(>_<)

元気なうちにできることしましょう。

お父様、安らかに・・・

Re:

kayoさん

肉親の死に直面するのは辛いですが、自分より早く逝った肉親の分まで長生きして人生を楽しまねばと思います。

父ちゃんとは違う感情なんです、、、うまくいえないけど、、、
やはり血のつながりなんです。
お父様のDNAを受け継いでるんだもんね~!

Re:お悔やみ申し上げます

クロオさん

ありがとうございます。
本当に月日の経つのは早いと思います!
当家もじっきに法事の段取りをすることになるんだな~。
こちらこそ、落ち着きましたらまた山にご一緒してくださいね!!

Re:お悔やみ

ASAKOさん

私もそんな年頃になりました~!
いつも居るのが当たり前だった人が居なくなるのは寂しいもんです。
元気な自分が父の分まで、これからの人生を楽しまねばなりませぬ!!
きっと父もそう思ってる・・・・・・・・・・かな?

老いた父母

お疲れさまでした。
いえ、これからが何かとたいへんでしょうが・・・
私事で恐縮ですが私の父は新年明けて89歳
母は84歳で健在です。
父は畑仕事やら庭に雪吊り作業をこなします。
母は家業の衣料のリフォームを家内と続けてます。
そんでもここ数年で二人ともずいぶん「弱り」を感じます。
通院したり短期入院したりで私が送迎します。
それでも長男夫婦とその子供(8ヶ月)が棟続きで
同居してますので、父母からすればひ孫が何よりの
明るい存在です。
そんな3世代同居の我が家ですが梨丸さんのお話を
聞かせていただき胸がキュッとなります。
こんな何気ない穏やかで幸せな毎日がそう長くはないのが
現実です。何せ老いてますから・・・
「孝行したいときには親は居ず」分かっちゃいますが・・・
梨丸さんのお話を充分に参考にさせていただきます。
明日から厳しい寒波襲来が予報されてますので
ご自愛下さい。

ご冥福をお祈りいたします、合掌

Re:老いた父母

山えいちゃん様

返事が遅くなりスミマセンでしたe-330
お気遣い、どうもありがとうございますe-266
山えいちゃんのご家族は皆さん健康体揃いなんですね~e-287
ご両親のDNAを受け継がれた山えいちゃんが素晴らしい健脚なのが頷けますe-348
何気ない普通の生活が続くことこそ最高の幸せですe-2
来年も健康のまま山歩きを楽しみたいと思ってますe-342
良いお年をお迎えください
e-319


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nashimaru007.blog109.fc2.com/tb.php/103-7a1179d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちょっと早いですが・・・ «  | BLOG TOP |  » 我が家の風物詩

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (114)
ぎふ100山 (47)
100高山 (26)
旅行 (26)
フィッシング (0)
未分類 (152)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

キリ番ゲットできますよ~に!

賞品ありませんが・・・。

月別アーカイブ